<< asahi.com:消えゆく無認可共済 来月、保険会社への移行義務化 - 経済を読む - ビジネス | main | 中日新聞:ごみ焼却発電、5割増へ 温暖化対策で環境省:政治(CHUNICHI Web) >>

2008/03/06 木

神戸新聞|お金の地産地消 地域に「元気」を! 仕事を興す

神戸新聞|お金の地産地消 地域に「元気」を! 仕事を興す

市民から出資金を集め、子育てや環境保全などの公益的な活動をするNPOや企業に融資する市民バンクは、徐々に増え、全国に九団体ある。だが、関西にはまだない。



 既存の金融機関では近畿労働金庫(大阪市)が〇〇年にNPO向け融資を始めた。福祉団体などの預金を基に、兵庫県内三十三団体を含む延べ百三十一団体に計十億円を融資。八割強が無担保だが、焦げ付きはない。



 保育所建て替えに百五十万円の融資を受けたNPO法人「はらっぱ」(西宮市)の前田公美代表(54)は「資金調達の選択肢が広がるのは歓迎。補助金や寄付金頼みでは限界がある」と話す。

Trackback URL


Comments

Comment form