<< 2008-09-04食品安全情報blog・ステビア甘味料に問題 | main | 元麻布春男のWatchTower:普通に使えるAtomがいい (1/2) - ITmedia D PC USER >>

2008/09/06 土

農業情報研究所・米国食品企業20社 クローン動物を拒否 避けがたいその子の利用

農業情報研究所・米国食品企業20社 クローン動物を拒否 避けがたいその子の利用

米国の”食品安全センター”と”地球の友”が9月3日、20の主要食品メーカー・小売業者が食品にクローン動物を使わないと述べたと発表した。このようなクローン動物由来食品の拒絶は、これら製品の市場はないという強力な目メッセージをバイテク企業に送る、アメリカの消費者はクローン動物やその子に由来する食品を食べることを望んでおらず、これら企業はこの新たな、試されていない技術に大きな市場が開かれることはないだろうと予期しているという。
---------
 ただ、表示もないなかで、このような約束は守ろうにも守れない場合があるだろう。クローン動物自体は未だ市場に出ることは少ないだろうが、その子はどうしたら排除できるのだろうか。実際、クラフトフーズ、ウォルマート、タイソンフーズを初め、多くの企業がクローン動物は使わないとしているが、その子由来の食品を使わないとは約束していない。

Trackback URL


Comments

Comment form