<< みんなのケータイ・「Googleカレンダー」と「予定表」を同期してます | main | エココスメ:「エコ」な化粧品使い社会貢献 - 毎日jp(毎日新聞) >>

2008/10/09 木

家電リサイクル法:新対象・薄型テレビは希少金属の宝庫 解体実験、急ピッチ - 毎日jp(毎日新聞)

家電リサイクル法:新対象・薄型テレビは希少金属の宝庫 解体実験、急ピッチ - 毎日jp(毎日新聞)

 政府は来年4月から、薄型テレビ(液晶、プラズマ)と衣類乾燥機の2品目を家電リサイクル法の対象に加える方針だ。これに合わせ、電機メーカーはテレビの解体実験をしたり、リサイクル体制の強化を検討するなど準備を急いでいる。

 家電リサイクル法は現在、冷蔵・冷凍庫、洗濯機、エアコン、ブラウン管テレビの4品目が対象でメーカーが全国48施設で処理している。家電には再利用できる鉄や銅などの金属が多く使われている。さらに薄型テレビにはインジウムなどのレアメタル(希少金属)も含まれる。国際的な資源高騰が続くなか、政府はリサイクル対象を増やすことで資源の有効活用を期待している。
---------
 一方、資源価格高騰を受け、大手メーカー各社は11月から、現在対象の4品目のうちエアコン、小型ブラウン管テレビ、小型冷蔵庫のリサイクル料を値下げする。エアコンは現在の3150円から2625円に、15インチ以下のブラウン管は同2835円から1785円に、170リットル以下の冷蔵庫は同4830円から3780円に引き下げる。

Trackback URL


Comments

Comment form