<< J. Nakanisi Home Page・「メラミン汚染(1)回収の意味」 | main | 元麻布春男のWatchTower:NECのNetbook「LaVie Light」はココが違う (1/2) - ITmedia D PC USER >>

2008/10/16 木

ダビング10は放送法違反である - 池田信夫 blog

ダビング10は放送法違反である - 池田信夫 blog

次の通常国会に、総務省の要求している「地デジ移行対策費」2000億円が提出されるが、今のままでは 2011年7月に5000万台以上のテレビが粗大ゴミになり、高齢者や低所得者の「ライフライン」となっている放送が強制終了される。これは国会で、「消えた年金5000万人」並みの騒動になることは確実だ。まして地デジをわざわざ不便にして移行を阻害するダビング10を総務省が省令で定めたら、社保庁のように民主党にいじめ抜かれるだろう

 アナログテレビに接続できる簡易チューナーを低価格で製造させて対応するという予定らしいですが、UHFアンテナ設置、共聴アンテナの経費負担など解決していない問題が先送りのままです。環境面でも、膨大な量の廃棄テレビの処理をどうするのかということが、現実的に考えられてないです。鉛を含有するブラウン管は、一部中国に輸出してリサイクル処理を行い、中国でのブラウン管に再利用しているという話ですが、世界的な傾向としては、もはやブラウン管の時代は終焉を迎えていると思います。再利用も難しくなると、中国へのリサイクル資源輸出という名目が立たなくなります。有害物質の海外移転となると、バーゼル条約にも抵触します。それよりも、新聞、テレビの時代は、あきらかに「終わっている」みたいです。

Trackback URL


Comments

Comment form