<< 農家の情報発信を考える1「blog+通販のすすめ」 | main | 農家の情報発信を考える3「blog編2」 >>

2008/11/23 日

農家の情報発信を考える2「blog編1」

 blogは、一般のwebサイトに比べ、時系列で記事エントリーを保存していくという特徴がある。当然、時系列での記事検索に強いだけでなく、各記事のURLが変わらない固定リンクになっているので、検索やリンクにも強い。またカテゴリーやタグTAGなどでデータベース管理しているので、いろいろな検索が容易。農家の情報発信ツールとして、自身の栽培記録としてもblogが最適だと思う。PCの前で長時間座らなくても、例えば携帯付デジカメで写真を撮影し、メモを書いておけば、モブログという機能で、そのままblogが更新できてしまう。
 ただ、時系列での記事管理のため、記事並びが日付順になって、TOPに固定ページを置きたい場合に困る。TOPページ固定は、SEO(サーチエンジン最適化)にも有利なだけでなく、通販のカートシステムなどでlink先などをTOPに指定したい場合にも欠かせない。
 blogには、サーバーインストール型のMT(MovableType)、WP(WordPress)、SB(SereneBach)等と、プロバイダーなどが提供する、無料もしくは抵価格のホスティング型がある。一般的には、サーバーインストール型の方が高機能で自由度が高いが、その分htmlやCSSなどを編集できる高い技術が必要。サーバーインストール型の場合、レンタルにしろ自分で設置するにしろサーバーの維持管理費用は必要だが、blogソフトは、個人で使用する場合は無償だったり、オープンソースである場合が多い。私自信の少ない経験でいうと、当初からレンタルサーバーでSBを使っているので、少し勉強すればSBは使えると思う。MTやWPよりは、日本生まれのSBの方が使いやすいおゆに思う。
 そうは言っても、農作業に忙しい農家に、htmlやcssの勉強強いるのも申し訳ないので、無理なく更新作業ができるだろう、無料blogの中からの選択を考える。

Trackback URL


Comments

Comment form