<< 食品安全情報blog・メラミン汚染食品(第8報):中国から世界 | main | 農家の情報発信を考える1「blog+通販のすすめ」 >>

2008/11/22 土

FoodScience--食の機能と安全--うねやま研究室●食品リスクへの対応--トランス脂肪酸への対応を例に--

FoodScience--食の機能と安全--うねやま研究室●食品リスクへの対応--トランス脂肪酸への対応を例に--

 そしてハザードの同定に始まる一連の過程のすべてにおいて、さまざまな関係者が情報を交換し合うことをリスクコミュニケーションと呼びます。その際に間違ったことや一方的な情報だけを伝えるといったことが大きな障害となることは、説明するまでもないでしょう。現状では多くの国でメディアが伝えているのは単なるハザード報道であり、リスクコミュニケーションに必要な情報を提供するという重要な社会的責任を果たそうという責任感はないようです。
---------
法による規制には社会の自由度を狭めイノベーションを阻害するという副作用があり、ほかにもっと有効な使い道があったかもしれない、限りある資源(税金)が使われるのだということは理解した上で要求すべきだと思います。その結果は硬直した社会や税負担の増加や他の公共サービスの削減という形で消費者自身に跳ね返って来ます。

Trackback URL


Comments

Comment form