<< 農家の情報発信を考える2「blog編1」 | main | TEA BREAK | サーバー移転しました >>

2008/11/23 日

農家の情報発信を考える3「blog編2」

 農家通販にとって、無料blogの選択時のキーポイントをいくつか。
基本的な、テンプレート数の種類と豊富さ、カスタマイズの容易さ、容量の大きさなどの機能面以外に。

〇公告が小さいか入らない
 無料blogは、無料の代償として広告が入ることが多い。しかも、最近はgoogle-adsenseのように、記事内容に関連した広告が配信されるようになっている。どうしても広告を避けたい場合は、有料blogを選択するのが賢明。
 ただ、無料blogの中でも、「fc2」はテンプレートによっては、一行のテキスト広告程度なので、許容範囲かな。「seesaa」は、広告を表示させない設定が可能で、ほとんど表示させなくできる。
 ここに揚げた「fc2」と「seesa」は、公告の表示問題以外も、非常によくできたblogサービスだと思うので、今の時点ではお勧め。
fc2:市販されている解説本も多い
seesaa:一つのIDで複数のblog作成可能

〇低価格BLOG
 広告が入らなくて、低価格なblogサービス。この辺の価格帯が基準。このくらいでも安いレンタルサーバーそのものが借りられますが・・・。
ココログFree版広告ライトオプション:月262円:サイドバーにfreeスペース設置可能
livedoor:月262円
jugemプラス:月315円:サイドバーにfreeスペース設置可能
exciteアドバンス:月250円
 御自身の加入プロバイダーでBblogサービスを開設しているなら、そこで練習用にblog開設するのはいいと思う。当然広告がはいらないタイプです。

〇データのインポート、エクスポート
 無料blogGは、いつ公告枠が拡大されるかわからないし、いつ無料blogサービスそのものが廃止されるかわからない、という性質のもの。過去の記事を活かすためにも、いつでも移転できる準備は惰らないように。blogの機能として、データのインポート、エクスポートが可能かどうかを確認のこと。リスクと公告を避けるためにも、最初から低価格の有料blogで始めるといいかもしれない。
 また、記事のインポート・エクスポートができるblogは多いが、その場合でも、画像の移転はなかなか面倒な作業。最初から、デジカメ画像を、ONLINEのアルバムで管理してblogに出力すると画像管理が一元化できる。ONLINEのアルバムサービスには、「picasa」「flickr」「フォト蔵」「MSの windowsーlive」など、いろいろなものが出ている。
 もうひとつ、blogにはlink集も付きものだが、これもonlineで管理する「blogpeople」で管理すると、移転時に便利だし、link集の項目分類や追加なども簡単。このblogの右サイドバーでも利用。

〇TOPページの固定
 通販やSEO的にぜひTOPページの固定ができるタイプが望ましい。
TOPページが固定できないなら、左右のサイドバーのtopに「フリーページ」が設置できて、通販のカートへのリンクが置けるもの。
 TOPページ固定の有利さについては、このblog「中小企業診断士兼システムエンジニアの複眼ブログ」に詳しい。無料blog(fc2やseesaa)と無料カート(fc2)を使った通販サイトの実例やショッピングカートの使い勝手などの紹介記事も記載。ただ、この方は専門のシステムエンジニアなので、素人が作るとなるとhtmlなどのカスタマイズはなかなか難しいように思う。
 seesaaの場合は、簡単にTOPページを固定できるが、fc2の場合は対応しているテンプレートを探すか、少しHTMlLを書き換えないとけない。、

〇カートシステムにも簡易なblogが付属している場合あり
 後で、カートシステムについて記載するが、カートシステムも店長blogのような簡易なblogが付随している場合があるが、あくまでも付随的な感じがする。個人的には、農家通販では、農家の情報発信の延長での通販を目指してほしいと思っているし、情報発信としてのblogの位置づけが非常に重要なので、blogをメインに据えてほしい。

〇独自ドメイン
 独自ドメインは、取得しておけば便利な反面、固定料金が発生するので、今のところ考慮に入れていない。レンタルサーバーだとドメイン持ち込みは可能な場合が多いようだが、無料blogでは、個別のblogによって対応が違うみたいですね。FC2は持ち込みダメで、seesaaは持ち込み OK。

Trackback URL


Comments

Comment form