<< [N] YouTubeの再生リストを作成して共有する「共有リストプレーヤー」 | main | 農家の情報発信を考える8「応用編-4」 >>

2008/12/13 土

農家の情報発信を考える7「応用編-3」

 信州の「あさひや農場」さん。
〇blog(dion)+webサイト+注文用のメールフォーム
 畑の情報、野菜の出来具合、日々の出来事などは、blog「ちいさな有機農家の 土ぶろぐ~Do-blog~どぶろく」に掲載。webサイトに通販関連の商品情報・説明、栽培方法、「訪問販売法による表示」を記載。注文はメールフォーム。扱う商品は、定期配送の野菜セット(定期・旬)、単品のじゃがいも、トウモロコシ、黒米、米(年間予約のみ)。代金決済は、郵便振替、クロネコヤマトの代引き、ネット銀行などに対応されていますね。
 webサイトの方は、盛りだくさんの内容ですね。topには動画もあって本格的なサイトですね。野菜や畑情報など日々の更新は、blogの方で更新するという方法みたいです。「有機表示に関して」という、有機JAS認証取得についての記事が、興味深かったですね。小規模で多品目の野菜を作っているような有機農家にとって、有機JASの認証を取ることは、プラスマイナスどうなのか。あさひや農場さんが書かれているように、経費と労力面でマイナス面も大きい。情報開示ということでは、blogで栽培記録や畑情報などを公開すれば、自身の勉強にもなるし、認証機能に取って代わりうるとも思う。小祝さんの「ジャパンバイオファーム」などで勉強されて、きちんと土壌分析や肥料設計もされていますね。
 

Trackback URL


Comments

Comment form