<< Hothotレビューエプソンダイレクト「Endeavor Na01 mini」 ~コストパフォーマンスと使い勝手に優れたネットブック | main | ウィークエンドとど: ネットブックをゲット! >>

2008/12/07 日

畑からの風だより: 足袋とスリッパ行ったり来たり

畑からの風だより: 足袋とスリッパ行ったり来たり

今年はおかげさまで売上も順調に伸びているが,どちらかというと業務的な負担を増やす方向での販売拡充になっているので,既にミスが多くなっている。この冬の間にやり方を練り直して,業務面にもっと省力化投資をしないと来年の夏パンクする。

ということで,顧客管理・販売管理でいいソフトがあったら紹介して下さい。重くないやつね。
 
 「農家の情報発信を考える」というカテゴリーは、「手軽に、しかも低コストで」ということで、農家の情報発信のtoolとして、blog+通販というスタイルが最適ではないかというとで始めた。
 上記blogの久松さんは、まだPCやwebに慣れてているほうだと思ったが、それでも農作業の片手間にパソコンの前に座って、blogの記事を書き、野菜の出荷の事務作業(顧客や販売管理)するのは、切り替えの難しいことなんですね。費用対効果の高い「省力化」も念頭に置いて記事を書かないといけないですね。
 農家の扱う通販品目はそれほで多くないので、久松さんのように「blogでの情報発信+メールフォームでの申込」で十分対応可能かとも思ったが、申込が増えて顧客が増えてくると、手作業での対応だと、追いつかない面もあるのですね。農家通販だといっても、ミスは許されないし。
 これからもう少し記事を書いてからと思ったのですが、今の時点でのお勧めの方法をまとめておきます。
◆「google-doc」を使った申込メールフォーム
 googleのwebサービス(web上のブラウザで作動するonlineのサービス)のひとつに「google-doc」というのがあります。もともとは、文書やスプレッドシート(表計算ソフト)の共有サービスですが、blogに表形式の記事を書くときに、google-docで表を作成してblogに書き出すことができます。また、最近フォーム形式にも対応していますので、メールフォームやアンケートなどにも利用可能です。
 この場合の特長は、回答がメールで送信されるのではなく、直接「google-doc」のcsvファイルに書き込まれることです。メールフォームやカートシステムでの受注でもメールで管理しないといけない場合には、着信メールから手作業で編集して、表計算ソフトなりデータベースなどにデータの移行管理が必要ですが、「google-doc」の場合は、この手間は不要になる。
 「google-doc」のフォーム編集は、ajaxを使っているので、慣れるまでは使いにくいかもしれない。受注フォームそのものはできないが、設問を工夫すれば、かなりきめ細かいメールフォームの作成が可能。元のdocファイルを編集すれば、リアルタイムにそのままメールフォームに反映されるので、気がついた時点でフォームを手直ししていけばいい。
 難点は、詳しい使い方やマニュアル記事の日本語版がないこと。
・google-docの申込
まず、googleのアカウント申込
・google-docの記事
Googleスプレッドシートをアンケートや応募で便利に使う方法
・サンプルサイト
http://oryzablog.blog85.fc2.com/blog-entry-28.html
http://oryzablog.blog85.fc2.com/blog-entry-26.html
◆カートシステムの導入
 メールフォームでの受注システムでは、手作業が多すぎるようなら、対価払ってもカートシステムを試してみる価値があるように思う。カートシステムは、設定が結構複雑だが、よくできたソフトだと思う。農家通販の場合、扱う品目数が少ないので、各カートの無料版や一番価格帯の安いコースでも十分。お勧めは、
・無料版fc2カート
無料版は制限があって、受注データのCVSダウンロードができない。受信メールを元に自分で顧客・販売管理できるならお勧め。
有料版はぐっと価格が高くなるので、他の安いカートシステムがお勧め
低価格帯カート
無料お試し期間があるので、実際に店舗作成して使い勝手試してみるといい
「makeshop」「one style my shop」「まめまめ」「おちゃのこ」などはそれほど大差なし
長期利用を考えると「makeshop」が一番割安感

Trackback URL


Comments

Comment form