<< 農業情報研究所・フィンランド 子供の携帯電話使用制限を勧告 すべて健康リスクは分かっていない | main | ビレッジライフ懇話会(第92回) >>

2009/01/10 土

だれが日本の「森と木と田舎」を殺すのか: 不況になったら農林業?

だれが日本の「森と木と田舎」を殺すのか: 不況になったら農林業?

なんだか、困ったときは田舎に押しつけろ的発想ではないのか。

だいたい国内の農業や林業が細った原因は、「食っていけない」からだ。そして職の現場は日雇いに近く、安定雇用ができない。今問題の派遣や請負雇用と同じ、いやもっと酷い職場かもしれない。

そして、不景気になれば、食の安全とか自然素材指向なんて吹っ飛び、安いものが求められる。高級品指向の高い国産農産物や材木関係の商品は売れなくなるのではないか。そもそも需要そのものも減る。
---------
結局、補助金で食うことを考えているのではないだろうか。田舎の人だって、補助金で仕事作ってくれなきゃ、よそ者を受け入れたりしない。

Trackback URL


Comments

Comment form