<< asahi.com(朝日新聞社):飛騨牛・元祖のクローン牛誕生 死後13年の冷凍細胞で - サイエンス | main | 有機をたのしむ交流会:兵有研総会 >>

2009/01/20 火

東京新聞:クローン牛豚『安全』 国、流通の可否判断へ 食安委部会報告:社会(TOKYO Web)

東京新聞:クローン牛豚『安全』 国、流通の可否判断へ 食安委部会報告:社会(TOKYO Web)

 報告書では、現在広く行われている人工授精で繁殖した牛などと比べ、体細胞クローン牛などの栄養成分やアレルギー誘発性は「相違がない」ことを確認。

 死産や出産直後に死亡する割合が高い点は認めつつ、「原因は従来の繁殖技術にもある」「六カ月を超えると同様に発育する」と指摘。体細胞クローン牛などの子孫も含めて「差異はない」と結論付けた。

 体細胞クローンは皮膚や筋肉など体細胞から核を取り出し、核を除いた未受精卵に融合させ、雌に移植して産ませる。肉質や乳量に優れた牛などを効率的に生産できるとして開発が進められている。

Trackback URL


Comments

Comment form