<< 「天下り禁止」のまやかし - 池田信夫 blog | main | Microsoft、Windows 7のSKUを6つに決定 >>

2009/02/04 水

大竹文雄のブログ: だまされないための年金・医療・介護入門

大竹文雄のブログ: だまされないための年金・医療・介護入門

社会保障は世代間の助け合い、という言葉があるが、日本の制度は助け合いになっていない。一方的な負担だからだ。もらう方が、若い世代を十分に助けるのであれば、助け合いになるかもしれないが、現実の日本の制度は、若い世代から1960年以前生まれの世代への所得移転にすぎないのだ。これから高い経済成長が続けば、若い世代の負担はたいしたことがないかもしれない。しかし、過去20年間の日本経済の状況をみた上で、将来の日本の高い経済成長を確信できる人はどの程度いるのだろう。そんな不確実な話で若い世代は納得してくれるだろうか。社会保障による世代間の負担格差は、社会保障制度の大幅な改革がない限り、確定していることなのだ。2005年に生まれた子供たちは約3500万円の借金を最初から背負っているのである。

Trackback URL


Trackbacks

政治家に、官僚に、そして経済学者に騙されないために だまされないための年金・医療・介護入門―社会保障改革の正しい見方・考え方鈴木 亘東洋経済新報社 2009-01売り上げランキング : 884おすすめ平均 Amazonで詳しく...

Comments

Comment form