<< [N] メールアドレスのみでイベント告知のページと申し込みフォームを作成できる「こくちーず」 | main | J. Nakanisi Home Page・お金とは何か? >>

2009/04/23 木

農業情報研究所・日本政府も”世界農地争奪”に参戦 国内耕作放棄地の回復など愚の骨頂?

農業情報研究所・日本政府も”世界農地争奪”に参戦 国内耕作放棄地の回復など愚の骨頂?

農水省と外務省が、「食料安全保障のための海外投資促進に関する会議」を発足させた。

 「国際的な食料需給が長期的にひっ迫基調にある中、食料を安定的に国民に供給するためには」、「国土資源の制約から」、「海外農業投資の促進のための施策の検討が急務である」、「民間企業の一部で海外農業投資を行う動きが見られるものの、個々の主体の活動には限界があり、官民を挙げて総合的に取り組む必要がある」という。

 ただ、「国際的な批判を受けることがないよう、投資受入国も十分に裨益する等、国際的に推奨し得るかたちで進める必要がある」のだそうである。
…………
 とうとう、日本も”世界農地争奪”に国を挙げて参入することになった。これで、国内に存在する大量の耕作放棄地の回復に国を挙げて取り組むなど、愚の骨頂ということになるだろう。日本の農業と農村はますます荒れ果てる。

 貧しい国の農民は既存農地・開発可能地と死活的に重要な水を外国企業に取り上げられる。導入される近代的大規模機械化学農業は、農業の持続可能性と生態系を破壊する。生産される食料は日本に持ち帰る(そうしなければ投資した意味がない)のだから、貧しい国の食料安全保障もますます脅かす。

Trackback URL


Comments

Comment form