<< 「宅配から"個配"へ」 ヤマト運輸、受取人が日時と方法を指定できる新サービス - [モ]Modern Syntax | main | asahi.com(朝日新聞社):日本国債の格付け見通し引き下げ 米社、財政再建に懸念 - ビジネス・経済 >>

2010/01/28 木

asahi.com(朝日新聞社):[CNET Japan] アマゾン、「Kindle」向け電子書籍の印税を引き上げ--「App Store」と同率に - CNETジャパン ニュース(提供:朝日インタラクティブ) - デジタル

asahi.com(朝日新聞社):[CNET Japan] アマゾン、「Kindle」向け電子書籍の印税を引き上げ--「App Store」と同率に - CNETジャパン ニュース(提供:朝日インタラクティブ) - デジタル

Amazonが「Kindle Digital Text Platform(DTP)」を利用する作家や出版社に支払う印税を、電子書籍の表示価格の70%に引き上げると発表した。今回の動きは、米国時間1月 27日にタブレット型端末を発表する可能性が濃厚なAppleに対する先制攻撃なのかもしれない。70%という印税率は従来の35%から大幅な引き上げとなるが、「App Store」でアプリを販売する開発者にAppleが支払う売上配分と同じであり、これは偶然の一致ではなさそうだ。

エコノMIX異論正論 :iPadで拡大する日米の情報格差
 日本の出版業界は委託販売という特殊なシステムになっているため、取次が流通を支配している。取次にさからって取り扱い部数が減らされると、中小出版社は苦境に陥るため、独自には動けないのだ。大手出版社は21社でアマゾンに対抗するグループを結成するが、彼らが配信システムをもっているわけではなく、既存の本との「共食い」を恐れて大胆な戦略は打ち出せない。このままでは、日米の情報格差は致命的に開いてしまう。

 インターネットは、既存のアナログ的ビジネスモデルを破壊する。音楽業界は「著作権」を盾にとってインターネットを拒否した結果、業界の外からやってきたアップルにネット配信のビジネスを奪われてしまった。アメリカの出版社はその教訓に学んで、電子出版をチャンスとして生かそうとしているが、日本の出版業界は音楽業界の失敗を繰り返そうとしているようだ。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶということわざがあるが、経験にも学ぶことのできない者を何と呼べばいいのだろうか。

Trackback URL


Comments

Comment form