<< 3G通話可能な「Skype for iPhone」公開間近、Appleが利用規約変更 -INTERNET Watch | main | 2010-01-07食品安全情報blog・メラミン、乳製品 中国 >>

2010/02/06 土

asahi.com(朝日新聞社):中国 回収したはずのメラミン混入ミルク、再販売か - 国際

asahi.com(朝日新聞社):中国 回収したはずのメラミン混入ミルク、再販売か - 国際

中国で2008年に起きた粉ミルクへの有害物質メラミン混入事件で、回収された製品が廃棄されずに再び販売されている疑いが強まった。5日付の人民日報系の国際情報紙・環球時報(英語版)によると、少なくとも10万トンが再流通しているとみられ、中国政府は全国調査に乗り出した。

 メラミン混入事件では、多数の乳幼児に被害が出て深刻な社会問題となり、昨年6月には食品安全法が施行された。しかし、依然として企業は安全よりも利益を優先させている実態が浮き彫りとなり、食品安全の問題が再燃する可能性が出てきた。

 国家品質監督検査検疫総局が事件後、中国国内の粉ミルク会社109社の製品を緊急調査した結果、大手を含む22社の製品からメラミンを検出。問題製品の販売停止と回収を指示した。

 しかし、広州市乳業管理事務所の王丁綿・副主任が同紙に対して証言したところによると、事件後も少なくとも7社が、回収した約10万トンの製品を再び乳製品や家畜の飼料として低価格で販売していた。地方政府が監督を怠っていたことが原因という。

Trackback URL


Comments

Comment form