<< asahi.com(朝日新聞社):生肉食いは高リスク 食中毒菌の感染率、鶏は77倍 - 食と料理 | main | 食の安全の2冊 市民のための環境学ガイド >>

2010/03/02 火

J. Nakanisi Home・ 「新型インフルエンザ終息の模様-あのとき、誰が何をしたか」

J. Nakanisi Home Page・「新型インフルエンザ終息の模様-あのとき、誰が何をしたか」/a>

インフルエンザへの対応が良かったか、今後どうすべきかについては、これから検証が必要である。

しかし、検証が結果論であってはならず、何が起きるか分からない状態で、どういう判断をすべきだったかを議論しなければならない。

侃々諤々の議論はいいが、問題が起きたときに、自分の考えを言わなかった人が、後になって、意思決定に関わった人の判断を非難することはやめてほしい。

この時代、総ての人が意見表明をする機会がある。それをせずに、後になって、いろいろ他を批判する人は、そもそも議論に加わる資格がないと思う。ことが起きた時に、意見を出すべきだ。その時が、情報の価値は一番高いのだから。

Trackback URL


Comments

Comment form