<< 遺伝子組み換えサケは安全 FDAが評価結果 - 47NEWS(よんななニュース) | main | asahi.com(朝日新聞社):日本の教育予算、OECD最下位 GDP比3.4% - 社会 >>

2010/09/07 火

こうのとり醤油:但馬産原料で仕込む 10日発売 /兵庫 - 毎日jp(毎日新聞)

こうのとり醤油:但馬産原料で仕込む 10日発売 /兵庫 - 毎日jp(毎日新聞)

 コウノトリ育(はぐく)む農法で栽培された大豆と豊岡市の農作物ブランド「コウノトリの舞」に認定された小麦を使った天然醸造しょうゆ「こうのとり醤油(しょうゆ)」が、養父市十二所の大徳醤油(浄慶耕造社長)から発売される。国産原料にこだわる同社が、四半世紀かけて実現した純但馬産のしょうゆだ。

 大徳醤油は1910年創業。輸入大豆を使い、機械化で大量生産されるしょうゆに疑問を持ち、86年から国産原料を使った高品位のしょうゆ造りを続けてきた。

 豊岡市では、自然の力を最大限に引き出し、無農薬や減農薬で農作物を育てるコウノトリ育む農法が稲作を中心に広がり、06年から大豆づくりもスタート。こうのとり醤油には、中谷農事組合法人(小島昭則組合長)が育てた大豆と小麦を原料に使用した。

Trackback URL


Comments

Comment form