<< じつはSIMロックフリーでもある:「テザリング? 何それ?」──「Pocket WiFi S」をあくまで“Pocket WiFiの新型”とするイー・モバイルの狙い (1/2) - ITmedia D PC USER | main | WiMAX初体験野郎とAterm WM3500R - ケータイ Watch >>

2011/01/18 火

反射鏡:玉砕か、それとも政治文化大革命か=専門編集委員・倉重篤郎 - 毎日jp(毎日新聞)

反射鏡:玉砕か、それとも政治文化大革命か=専門編集委員・倉重篤郎 - 毎日jp(毎日新聞)

 しかし、消費税、TPPの2課題に取り組む、ということは、そういった政治文化に別れを告げることである。なぜならば、消費税増税は現役世代の生活水準を一律に落とすし、持続可能な社会保障制度改革とは、高齢者に対する年金、医療、介護の公費支給をシステム的に減らしていくことだ。TPPは成長政策として全体のパイを増やすのが狙いだが、地球的環境・資源制約と新興国の台頭によって、日本がどれだけプラスを得られるかは微妙である。むしろ、農業は保護・強化する過程で一部品目の淘汰(とうた)は避けられない。
 かくして、政治はマイナスの分配能力を鍛え上げなくてはならない。何よりも、プラスに慣れた国民にマイナスを納得させる説得力が欠かせない。いつ、何のために、どういうマイナスを分配するのか、明確な論と工程表が必要だ。マイナスをプラスと受け止めてもらうような新しい哲学、価値創出も重要だ。例えば、自分たちへの給付減が高齢者にとっては若者、次世代のためにむしろ望ましい、と思えるような環境作りである。

Trackback URL


Comments

Comment form