<< ニッポンに底力ってある?: 森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ | main | 住田町その後: 森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ >>

2011/06/12 日

住田町・仮設住宅の「秘密」: 森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ

住田町・仮設住宅の「秘密」: 森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ

もともと住田町は「森林・林業日本一」の町を標榜して、FSCの認証を取った森林から木材生産まで一貫して行っていた。そして住宅建設に乗り出していたのだ。町内に原木の調達から製材、プレカット工場まで揃っていたわけである。

私も、仙台のハウスビルダーが、住田町と組んで住宅販売をしていることを聞いていて、その点でも注目していた。工務店と山の連携は、今後の林業界のモデルになる。
また、バイオマスエネルギーでも知られていて、私が以前関わったガシファイヤーという薪ボイラーの研究でも、住田に視察が行われている。

ところで、住田町が素早く独自の仮設住宅を建設できた秘密を聞いた。

驚いたのは、この仮設住宅は、今回の震災のために用意されたものではなかった!

昨年から「災害地に建てる仮設住宅」という事業プランを用意しており、それを政府に提案していたのだ。そのため設計図から生産計画まで、全部プランニングできていたという。

Trackback URL


Comments

Comment form