<< 質問なるほドリ:TPPの目的って何?=回答・赤間清広 - 毎日jp(毎日新聞) | main | 社説:TPP交渉参加表明 日本が協議リードせよ - 毎日jp(毎日新聞) >>

2011/11/13 日

社説:APEC 多国間外交の技磨こう - 毎日jp(毎日新聞)

社説:APEC 多国間外交の技磨こう - 毎日jp(毎日新聞)

 貿易や財政、金融、環境などグローバル化による地球規模の相互依存がさまざまな分野で深まっている近年、外交の中心は2国間から多国間交渉へと移っている。主要8カ国(G8)首脳会議や主要20カ国・地域(G20)、APEC、そしてASEANやEASなどだ。多くの国が複雑な国内事情を抱えながら、国益を最大限に確保しようと交渉に臨む。外交といえば日米や日中、日韓など2国間のもので、多国間外交の場は国連というイメージが日本ではまだ根強いが、アジアや太平洋地域ではAPECやASEAN関連の会議が地域の利害調整の舞台になっていることを、改めて認識すべきである。

 多国間外交で重要なのは、いかに多数派を形成して交渉を有利に運ぶかだ。TPPで米国が無理な要求を持ち出せば、他の交渉国と連携して対抗すればよい。ともすれば外交イコール日米関係だった日本には苦手な分野だが、TPPに限らず、そんな成熟した多国間外交の技がこれからの日本には必要だろう。

Trackback URL


Comments

Comment form