<< 古いものから新しいものまで総ざらい! Gmailの便利機能とTipsのすべて : ライフハッカー[日本版] | main | ▽ TPPよりWTOの方が本筋じゃないのか : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース) >>

2011/12/11 日

経済観測:ドーハ・ラウンドの退場=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅 - 毎日jp(毎日新聞)

経済観測:ドーハ・ラウンドの退場=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅 - 毎日jp(毎日新聞)

 01年のドーハ・ラウンド開始に当たっては、世界の貧困の克服の手段として、先進国の農産物市場の開放が正面から掲げられた。先進国から余剰農産物を援助として受け続ける限り、途上国に未来はなかった。途上国の農業者にとってみれば、山積みされる余剰品の相次ぐ到着は、自らの立場の確立を阻むものであった。先進国の農産品市場の開放が、貧困からの脱却の正当な手段と位置づけられた。

 ところがその後の経過で、農産品の輸出増を通じての貧困脱却は絵空事となった。米国、欧州連合(EU)、日本の農業者は、保護の特権を決して手放そうとしなかった。他方、先進国の消費者の声は弱かった。

Trackback URL


Comments

Comment form