<< U-mobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細 | main | Windows 10の「スタートメニュー」をカスタマイズする方法 | ライフハッカー[日本版] >>

2015/07/19 日

くらしナビ・ライフスタイル:食への不安、専門家と差 - 毎日新聞

くらしナビ・ライフスタイル:食への不安、専門家と差 - 毎日新聞

食品の安全やがんの原因に関して、消費者と食安全の専門家の認識に違いがあることが内閣府の食品安全委員会のアンケートで分かった。食品安全では消費者は残留農薬や食品添加物を気にする傾向が強いのに対し、専門家はたばこ、偏食や過食だった。結果を消費者との対話(リスクコミュニケーション)に活用する。

 ●国がアンケート

 食品安全委が実施したのは「食品にかかわるリスク認識アンケート調査」。今年2〜3月、北海道から九州・沖縄までの全国10地域の計3600人の消費者と、食品安全委の12の専門調査会に属する毒性学学者や公衆衛生学などの専門家161人(一部消費者も含まれる)を対象にインターネットで実施した。

 食品安全に関しては、「健康への影響に気を付けるべきだと考える項目」を19項目から選び、必要性の大きい順に10位まで順位付けしてもらった。19項目は、病原性微生物(病原性大腸菌O157など)をはじめ、農薬の残留▽食品添加物▽カビ毒▽「フグ毒」などの自然毒▽食品容器からの溶出化学物質▽自然界の金属元素(カドミウムなど)▽ダイオキシン類▽アクリルアミド(ポテトスナック類などに含まれる発がん性物質)−−など。

 ●消費者、添加物上位

 消費者の回答をみると、上位は、病原性微生物、農薬の残留、食品添加物など。一方、専門家は、消費者が挙げなかったたばこ、偏食や過食、アレルギー、飲酒、輸入食品、健康食品・サプリメント−−などを挙げた。

 この差について、リスク認知の研究で知られる中谷内(なかやち)一也・同志社大教授(心理学)は「消費者は、人工的に合成された化学物質を危ないと考え、天然自然に発生するものは安全と考える傾向がある」と農薬や食品添加物が上位に挙がった理由を説明する。

 専門家が上位に挙げたたばこ、偏食や過食、アレルギーなどが消費者の答えでは上位にならなかった理由について、中谷内さんは「専門家はがんなど特定の集団の中で生じている死亡率などの数字を客観的なデータで判断する傾向があるのに対し、消費者は個人的な関心事を基に判断しているのではないか」と話す。

 一方、がんの原因を尋ねる質問では、健康影響での19項目の他に、「加齢」「自然放射線」「大豆イソフラボン」などを加え、計23項目を示し、上位5番までの順位を答えてもらった。

 消費者は、たばこが1位で、2番目以降は食品添加物、大気汚染、加齢、偏食・過食、飲酒、食品のこげ、ダイオキシン類、農薬の残留−−を挙げた。専門家は、たばこと加齢が特に高く、次いで飲酒、偏食・過食、病原性微生物−−の順だった。

 ●広告などの影響か

 こうした差について、田中豊・大阪学院大教授は「無添加や無農薬の食品が健康によいかのような商品広告やラベル表示、そして一部メディアのセンセーショナルなニュースが消費者の主観的なリスク認識に影響を与えているのではないか」と指摘する。

 井上茂・東京医科大教授(公衆衛生学)は「専門家は、集団全体でみて健康障害の発生に大きく寄与する日常的な生活習慣に着目している。病原性微生物や有害物質などに注意することも大切だが、たばこ、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足など日常的な生活習慣にもっと注意を払うことが必要だ」と話す。【小島正美】

Trackback URL


Comments

Comment form