集会 > イベント

カテゴリーINDEX

1 2 3 >>

2011/02/10 木

はたんぼで四季を味わう食事会 vol.2

冬の寒さにじっと耐え今まさに旬を迎えた有機野菜と、地元の新鮮な魚貝をふんだんに使い、はたんぼの越智良典シェフが腕を振るいます。
野菜の作り手にも会える、この日だけの特別ディナーです。
ゲスト生産者は丹波市市島町の橋本慎司氏。
新規就農から23年。
年間約50種類の有機野菜と平飼い鶏の卵を生産しつつ、3ヶ国語を操る国際派として、また個性溢れる有機農家として世界での知名度も高く、その人柄にファンの多い方です。
当日のお料理には橋本さんの有機野菜と卵も使い、ご本人から野菜作りや世界の農業についてなど、興味深いお話しも聞くことができます。

・日時:2011年2月12日(土)18:00~
・場所:オーガニックシェフの八百屋カフェ「はたんぼ」
西宮市甲子園八番町5-20
阪神甲子園駅から南に徒歩8分 ららぽーと南側
・会費:お一人様 4,500円(ワンドリンクつき)
はたんぼキッチンファームメンバー及び兵庫県有機農業研究会会員は4,000円(求める会の方は「会員価格」になります)
定員:12名(先着順 定員になり次第締切ります)
・ご予約:オーガニックシェフの八百屋カフェ はたんぼ 0798-48-6911
詳しくは下記サイトを御覧ください。
http://hyoyuken.org/hyoyuken/event/

2010/11/11 木

ららマルシェ:ららぽーと甲子園ファーマーズマーケット

☆G.Wに開催し、ご好評頂いた"ららマルシェ"が再登場!
新鮮な農作物や、現地でしか手に入らない加工品がお買い求めいただけます。
さらに野菜ソムリエの明田さんが運営する"噂の八百屋"が期間限定で
登場!お買い物のポイントや、野菜の知識も得られるチャンスです!

日時:2010/11/20(土)、21日(日)、23日(火・祝) 10:00~16:00
会場:ららぽーと甲子園 前庭 
【出店紹介】
●兵庫県有機農業生産出荷組合(はたんぼキッチン
兵庫県内の約50件の有機農業生産者の集まりです。
自然にも人にも優しい、安心して食べられる有機野菜を栽培しています。
開催当日は、収穫したての旬の有機野菜が登場します!
●野菜ソムリエの店「噂の八百屋」
美味しい旬の野菜や天然酵母の食パンなど、野菜ソムリエの明田さんが
選んだ野菜や果物、加工品が並びます。西宮夙川のお店は昼過ぎには品薄になる人気店。
この機会の是非お立ち寄り下さい
●神戸の梅干専門店「Kyun」(きゅん)
(厳選した紀州みなべの南高梅を使った無添加の梅干。)
はちみつやブランデーを加えたものから、昔ながらの素朴な味までが揃います。
当日は日本酒風味のデザート梅干「夢」も登場します
ときめき王国&ぬくもりの郷(11/23のみ出店)
篠山市今田町の農家グループの畑でとれた新鮮な野菜と、
薬師温泉「ぬくもりの郷」から、手作りの漬物やお餅、特産品の黒豆を使ったお菓子などが届きます。
案内:ららぽーと甲子園イベント

2010/01/15 金

お米の勉強会講演会

第1回「いつの時代も1粒の種なくして人間は生きられない!
◆日時:2020年2/7(日)午後1時~4時半
◆講演会:「いのちの種を未来に~F1種の真実~」
◆講師:野口種苗、野口種研究所 野口勲氏
◆主催:シャンデエルブ/申込:田中さんFAX 079-232-8449
◆参加費:1500円
◆場所:姫路文学館講堂(北館3階)/姫路市山野井町84/TEL079-293-8228
JR・山陽姫路駅より神姫バス11・12番系統7分「市之橋文学館前」下車、北へ3分
…………
第2回「無施肥の解明と鉄学の勧めと花除草と、畑と機械の見学会-冬の研修・見学・交流会」
◆日時:2010年2/13(土)午後2時~14日(日)午後4時
◆日程(予定):
◎13日午後1時JR岡山集合→2時~西村先生、西田先生、赤木さんのお話→6時~温泉→7時から夕食懇親会→大広間で夜なべ談義
◎14日8時半出発→9時「林さんの家作りと山崎さんの野菜畑と煎餅工場」→11時「香西さんの人参畑とお話」昼食→午後2時~「山崎ご父子の大規模有機稲作の工夫と設備農器具」→午後4時解散
◆先生:
・「無施肥のお話 ぐうたら農法」西村和雄先生 
・「鉄学のすすめ」 金沢医科大学 客員教授 西田雄三先生 
・お花畑除草元祖 赤木歳通さん
◆場所:
・宿泊:岡山市建部町温泉会館
・見学:岡山市御津の林正弘さん、山崎勝久さん、総社市の香西達夫さん、倉敷市の山崎農園
◆費用:全日程:15,000円、14日朝迄13,000円、14日のみ4,000円
※詳細は相談。非会員は上乗せ有。14日の昼食代・車分乗お礼は各自。また、夜なべ談義用のお酒・おつまみの内緒でのお持ち込みをお願いします
◆主催:お米の勉強会・村山TEL/FAX0798-48-0365

2009/12/27 日

地域がささえる食と農 神戸大会

◆2010年2月18日・19日(木・金)オーガニックツアー @兵庫県
海外ゲストや国内の希望者が、兵庫県内の有機農業実践地域(丹波市島町、豊岡市、神戸西の モデルタウン)を視察する旅。「日本における有機農業」、「提携地域との関わりや相互の影響」、「消費者と生産者との助け合い」、「今までとこれからの課題」を五感で理解し、「顔の見える関係」を体感してもらうツアーです。

◆2010年2月20日(土)第5回 農こそ!コミュニティー
・10:00 - 10:40 講演①「有機農業の歩みと到達点」【スピーカー】保田 茂氏/神戸大学名誉教授
・10:45 - 11:25 講演②「世界の事例紹介:市民と自治体の協働で広めささえる食と農」【スピーカー】イタリア・ミラノGASの紹介 アンドレア氏(UREGNCI理事)
・11:25 - 12:00 報告「オーガニックで高める↑農の価値と社会貢献度-2020年に向けた有機農業ロードマップ-」【スピーカー】小林富雄氏/中京短期大学 准教授
・13:10 - 14:10 シンボリック事例発表 「今日からの地域がささえる食べ方 提案」
【スピーカー1】金子 美登氏/全国有機農業推進協議会
【スピーカー2】波夛野 豪 氏/三重大学教授 
・15:00 - 17:00
分科会1 農商工連携:地域とささえあう食べものネットワーク
分科会2 食農教育:未来のへの提言~有機農業がはぐくむ子どもたち
分科会3 地域の担い手たちの挑戦~これからの食と農の可能性をリアルに考える~
分科会4 生物多様性を育む有機農業:田んぼの生き物調査から見えてきたこと
分科会5 オーガニックマーケットにおける提携・PGS・認証
分科会6 種をめぐる自立:種子を農民の手に
分科会7 パートナーシップ
・17:15-17:50 全体会(各分科会の報告)
・18:30 ウェルカムパーティ(希望者のみ)

◆2010年2月21日(日)産消提携国際シンポジウム~4th URGENCI International Symposium~
・10:15 - 11:40
講演①「世界の Community Supported Agriculture」
【スピーカー】エリザベス・ヘンダーソン氏 /提携実践有機農家、CSA市民ガイド著者
講演②「これからの有機社会」
・11:45 - 12:25
総覧「Local Food Systems」 地域をささえる食と農のしくみ総覧
【ファシリテーター】谷口 葉子氏/宮城大学
【パネリスト(予定)】
・野田克己氏/大地を守る会(有機的な流通)、Joy Daniel氏/インド(オーガニックバザー)、高橋慶子氏/毎日アースデイ(ファーマーズマーケット)、パトリシア・ブック氏/ベルギー(AMAP)
・13:30 – 14:50
パネルディスカッション 共に生きるつながりを求めて ~提携の経験から~
・14:50 – 16:00 各テーマからの提言、20日の分科会でのテーマを踏まえて議論します
【司会】古沢広祐氏/国学院大学
・18:45 – フェアウェルパーティ(希望者のみ)

◆2010年2月22日(月)URGENCI総会 ・ 有機農業政策公開討論会

開催場所:神戸学院大学ポートアイランド校(兵庫県神戸市)
主催:「地域がささえる食と農 神戸大会」実行委員会

2009/10/03 土

「ひょうごの食シンポジウム」現地研究会

「但馬の伝統野菜の産地を訪ね、料理を楽しむ」
日時:2009年11月14日(土)-11月15日
場所:但馬・豊岡市但東町、日高町、養父市、朝来市朝来町等を訪問
参加費:15000円(一泊二食、昼食二回)
申込先:ひょうごの食研究会事務局
担当 柴田正人/TEL078-333-6056 FAX 078-333-6503
e-mail:shiba-masa@ja-hyogo.or.jp
     

2009/07/21 火

第15回WTO/FTA-NGOフォーラム in 滋賀

 昨年以来、世界経済が金融危機で揺れ、新自由主義経済の破綻が取りざたされています。そんな中、農業や流域管理など、各地域での取り組みの重要性が見直されています。農産物や工業製品などのモノ、医療・介護・金融などのサービスの自由貿易化を目指して交渉が続けられている世界貿易機関(WTO)、そして、日本とフィリピン、日本とメキシコなど二国間で経済協力を結ぶ自由貿易協定(FTA)について、長らくその動きを注視してきた市民団体/NGOが、滋賀県大津
市に集まって、今私たちが実践できることを話し合います。

 15回目を迎える今回のWTO/FTA-NGOフォーラムでは、ODA改革ネットワークやAMネット(大阪)で世界と日本のつながりを意識すべきと主張する神田浩史さん、行き過ぎた自由貿易に警鐘を鳴らすWOW!JAPAN(福岡)の今村和彦さん、鳥取県で農業振興に従事されている澤口敬太さんの鼎談と、4つの分科会を開催します。

【日時】
●2009年8月29日(土)@大津市ふれあいプラザ
13:30~15:00 鼎談「世界のピンチは地域のチャンス!」神田浩史×今村和彦×澤口敬太
15:15~16:45 分科会(平和/食と農/流域単位の地域循環/在日外国人労働者・介護福祉士受け入れ)
池住義憲さん・佐久間智子さん・西井和裕さん・吉田益子さん・松平尚也さん・ほか
17:00~    宿泊場所へ移動、夕食、分科会Part 2
●8月30日(日)@B.B.Dylan
09:00-10:00 分科会報告
10:00-11:00 今後のアクションプラン作り
11:00-12:00 アピールタイム
12:00     解散
13:00    オプションツアー(希望者のみ)
【フォーラム会場】
大津市ふれあいプラザ4階ホール
大津市浜大津4-1-1
最寄駅:京阪電鉄「浜大津」駅
【交通案内】
 新幹線「京都」駅からJR東海道線に乗り換えて「山科」駅まで行き、徒歩で京阪電鉄京津線「京阪山科」駅に乗り換えて5駅で「浜大津」駅に到着。
 もしくは、新幹線「京都」駅からJR湖西線に乗り換えて「大津京」駅まで行き、徒歩で京阪電鉄京津線「皇子山」駅に乗り換えて3駅で「浜大津」駅に到着。
【夕食・宿泊場所】
 B.B.Dylan(滋賀県大津市南小松100
※初日終了後、フォーラム会場から移動します。最寄駅:JR湖西線「近江舞子」駅
【主催】
NPO法人 AMネット
TEL&FAX:06-4800-0888
WEB:http://www1m.mesh.ne.jp/~apec-ngo/
BLOG:http://am-net.seesaa.net/
MAIL:amnetosaka[@]yahoo.co.jp
※AMネット(Advocacy and Monitoring Network on Sustainable Development、持続可能な開発のための政策提言ネットワーク)は、WTO(世界貿易機関)などが推進している貿易・投資の自由化について調査・研究し、政策提言活動をしているNGOです。経済のグローバリゼーションの影の部分に目を向けている日本でも数少ない団体のひとつです。

2009/02/10 火

「田んぼの生きものは何種類?」シンポジウム in 福岡

田んぼの生きもの全種リスト完成記念・田んぼの生きもの指標提案
「いったい、田んぼには何種類ぐらいの生きものがいるのでしょうか」この問いに、農と自然の研究所は、日本ではじめて答えを出そうとしています。たぶん5000種ぐらいになりそうです。(日々改訂を続けています)このリストの完成を記念して、またこのリストより225種を「指標化」して提案するシンポジウムを、東京と福岡で開催します。
田んぼの世界認識を自分なりにつかむために、ぜひご参加下さい。
---------
【福岡会場】
参加費:1000円
2009年3月7日(土) 10時~16時30分 
会場:福岡市ももち文化センター(福岡市早良区百道2-3-15
電話092-851-4511)
テーマ:「田んぼの生物多様性の表現」
・10時~12時「第1部:田んぼの生きもの全種へのまなざしは可能か」
映画上映 『田んぼ』20分版
 講演1:桐谷圭治(生きもの指標作成企画委員会委員長)
 講演2:(昆虫)緒方 健さん(福岡県保健環境科学研究所)
 講演3:(昆虫)森本信生さん(中央農業総合研究センター)
 講演4:(動物)市川憲平さん(姫路市立水族館)
・13時~ あいさつ:藤瀬新策(農と自然の研究所)
・13時15分~14時30分「第2部:田んぼの生きもの指標って何か」
 講演5:原耕造(生物多様性農業支援センター)
 講演6:岩渕成紀さん(NPO田んぼ)
 講演7:宇根豊(農と自然の研究所)
・14時40~15時「植物はどうなっているか」講師:嶺田拓也さん(農村工学研究所)
・15時~16時15分「第3部:生きものへのまなざしの表現法は」
 座長:宇根豊
 パネリスト1:嶺田拓也さん
 パネリスト2:岩渕成紀さん
 パネリスト3:緒方 健さん
 パネリスト4:森本信生さん
 パネリスト5:林鷹央(生物多様性農業支援センター)
・16時15分~16時15分 まとめの話 話者:藤瀬新策
後援:農林水産省、環境省(予定)
主催:農と自然の研究所

2009/02/10 火

「田んぼの生きものは何種類?」シンポジウム in 東京

田んぼの生きもの全種リスト完成記念・田んぼの生きもの指標提案
「いったい、田んぼには何種類ぐらいの生きものがいるのでしょうか」この問いに、農と自然の研究所は、日本ではじめて答えを出そうとしています。たぶん5000種ぐらいになりそうです。(日々改訂を続けています)このリストの完成を記念して、またこのリストより225種を「指標化」して提案するシンポジウムを、東京と福岡で開催します。
田んぼの世界認識を自分なりにつかむために、ぜひご参加下さい。
---------
【東京会場】
参加費:1000円
日時:2009年2月21日(土) 10時~16時30分 
会場:JA全農ビル大ホール(東京都千代田区大手町1-8-3
電話03-3245-1625)
テーマ 「田んぼの生物多様性の本質」
・10時~12時
「第1部:田んぼの生きもの全種へのまなざしは可能か」
●日本で初めての田んぼの生きもの全種のリストアップを終えて
テーマ映画上映 『田んぼ』20分版
 講演1:中筋房夫さん(岡山大学名誉教授)
 講演2:桐谷圭治さん(生きもの指標作成企画委員会委員長)
 講演3:(昆虫)城所隆さん(宮城県古川農業試験場)
 講演4:(動物) 市川憲平さん(姫路市立水族館)
・13時~ あいさつ:原耕造(生物多様性農業支援センター)
・13時10分~14時30分
 「第2部:田んぼの生きもの指標って何か」
 講演5:森本信生さん(中央農業総合研究センター)
 講演6:新井裕さん(むさしの里山研究会)
 講演7:宇根豊(農と自然の研究所)
・14時45分~16時
 「第3部討論会生きものへのまなざしは有用か」
 座長:宇根豊
 パネリスト1:藤瀬新策(農と自然の研究所)
 パネリスト2:岩渕成紀さん(NPO田んぼ)
 パネリスト3:森本信生
 パネリスト4:市川憲平
 パネリスト5:林賢一(生物多様性農業支援センター)
・16~16時20分 「植物はどうなっているか」講師:伊藤一幸さん(神戸大学)
・16時20分~16時30分 まとめの話 話者:岩渕成紀
後援:農林水産省、環境省(予定)
主催:農と自然の研究所

2009/01/27 火

農家のこせがれネットワークで農業を考える一日会議を開催!

農家のこせがれネットワーク一日会議★
■日程:2009年2月7日(土)10:00-18:00(※9:45集合)
■会場:港区虎ノ門1-15-16 海洋船舶ビル 10F 会議室
■地図:http://www.sof.or.jp/jp/about/access.php
■費用:無料(※飲食費のみ各自実費でお願いします)
■定員:100名
■募集期限:1月30日(金)
■申込フォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=387297
■協力:日本財団CANPANセンター
--------------------------------------------------
<当日のプログラムについて>
■10:00-10:10「はじめに」
 ・一日会議の目的とプログラムについて
■10:10-11:00「21年度事業計画と近況報告」
 ・近況報告とリファームについて
 ・21年度事業計画について
■11:00-12:00「リアル農家によるパネルディスカッション」
 ・パネラー:リアル農家参加者/コーディネーター:宮治
 ・参加者からの質疑応答
■12:00-13:00「昼食」
 ・自己紹介をかねて昼食
■13:00-14:30「一次産業を盛り上げるプロジェクトを考える~前半~」
 ・以下の6つのグループに分かれてプロジェクトのアクションプランを立てる
 1.加工品開発プロジェクト
 2.バスツアープロジェクト&地域の元気グループとの
   コラボレーションプロジェクト
 3.cafeプロジェクト
 4.CSA2.0プロジェクト
 5.市民参加型のネットワークづくり
 6.農家のこせがれプロデュース&販路開拓プロジェクトについて
■14:30-15:10「プレゼン」(発表各5分・質疑応答10分)
■15:10-15:20「休憩」
■15:20-16:50「一次産業を盛り上げるプロジェクトを考える~後半~」
 ・グループをシャッフルして、別のプロジェクトについて考える
 1.加工品開発プロジェクト
 2.バスツアープロジェクト&地域の元気グループとの
   コラボレーションプロジェクト
 3.cafeプロジェクト
 4.CSA2.0プロジェクト
 5.市民参加型のネットワークづくり
 6.農家のこせがれプロデュース&販路開拓プロジェクトについて
■16:50-17:30「プレゼン」(発表各5分・質疑応答10分)
■17:30-18:00「終わりに」
 ・宮治からの挨拶
 ・感想共有&アンケート記入
---------
参加していただける方は、
ぜひぜひ下記フォームよりお申し込み下さい!
■申込フォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=387297

2009/01/20 火

有機をたのしむ交流会:兵有研総会

有機をたのしむ交流会
当会は2009年度、設立35周年の節目を迎えます。
この機会にあらてめて「有機」をテーマに生産者・消費者・流通、ベテラン・若手、会員・非会員、・・・・・・さまざまな交流の場を持ちます。
当会会員の有機野菜・食材を中心にした立食形式の交流会です。
会員でないかたも参加できます。ぜひお越しください。
---------
〇日時:2009年 2月15日(日) 15:00 ~ 17:00
(尚、13:00~14:30には会員総会を開催します)
14:30から15:00は1階エントランスにおいて書家・山村勝平さん(当会会員のご子息)の農と書のアートのパフォーマンスを開催します。こちらもぜひご覧ください
〇参加費:お一人 会員2,000円 非会員3,000円 
・当会会員の有機野菜、有機加工食品を中心にしたお料理をご用意します(立食形式)
・【要申込】定員80名、定員になり次第締め切ります
〇会場:RICORDI(リコルディ)  神戸市中央区山本通1-7-11  Demaim(ドゥマンビル)4階
・三宮から北野坂をのぼって徒歩8分 
・新神戸駅からは徒歩約15分
・お車でお越しの方: 近隣のコインパーキングをご利用下さい
〇お問合せ、お申込は、事務局まで:
 特定非活動法人 兵庫県有機農業研究会
 神戸市中央区中山手通7-28-33 県立産業会館内 電話078-367-8567 ファックス367-8578
〇協力:株式会社ノア グリーン・グロウズ・メロディファーム事業部  ドゥマン inc. RICORDI
1/3 >>