バイオテクノロジー

カテゴリーINDEX

<< 1 2

2006/12/30 土

世界初、クローン動物食品認可へ…米が安全報告書案 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

世界初、クローン動物食品認可へ…米が安全報告書案 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

米食品医薬品局(FDA)は28日、体細胞クローン技術で生み出した牛、豚、ヤギの肉とミルクについて、「通常の肉などと違いはなく、食品として安全だ」とする報告書案を発表した。

-----------------------------------------------------

 クローン動物の食品化について、FDAは2003年に「ほとんど危険はない」との報告書を出したが、さらに安全性を確認するまでの措置として、業界には食品化の自粛を要請した。クローンやその子孫に関するデータを集め、分析を続けてきた。



 今回、「通常の肉などと違いはない」と結論を出したことで、FDAは製品に「クローン」との表示も義務づけない意向。ただ、「クローン不使用」と言った表示は、条件付きで認められる可能性があるものの、消費者からの反発に加え、食品業界にも消費者の肉・乳製品離れを懸念する声がある。



 認可されれば、日本など海外へも輸出される可能性があるという。

2006/12/30 土

世界初、クローン動物食品認可へ…米が安全報告書案 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

世界初、クローン動物食品認可へ…米が安全報告書案 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

米食品医薬品局(FDA)は28日、体細胞クローン技術で生み出した牛、豚、ヤギの肉とミルクについて、「通常の肉などと違いはなく、食品として安全だ」とする報告書案を発表した。

-----------------------------------------------------

 クローン動物の食品化について、FDAは2003年に「ほとんど危険はない」との報告書を出したが、さらに安全性を確認するまでの措置として、業界には食品化の自粛を要請した。クローンやその子孫に関するデータを集め、分析を続けてきた。



 今回、「通常の肉などと違いはない」と結論を出したことで、FDAは製品に「クローン」との表示も義務づけない意向。ただ、「クローン不使用」と言った表示は、条件付きで認められる可能性があるものの、消費者からの反発に加え、食品業界にも消費者の肉・乳製品離れを懸念する声がある。



 認可されれば、日本など海外へも輸出される可能性があるという。

2006/11/22 水

Do you think for the future?: ゴシポール・フリーの遺伝子操作ワタ

Do you think for the future?: ゴシポール・フリーの遺伝子操作ワタ

ワタの実(綿実)に含まれている有毒化合物を除去することに成功したとのこと。現在は有効に使われていない綿実が食べられるようになれば、数億人もの人口を養う食料となるかもしれない。

--------------------------------------------------------

岡村製油の説明によると、ワタから取れる綿実油は高級な食用油のようだが、ゴシポールを化学的に除去するような精製処理を行っているらしい。

--------------------------------------------------------

今回の遺伝子操作は、いわゆる遺伝子組換えではなく、RNAi(RNA干渉)という手法が用いられたとのこと。特定の遺伝子の発現を抑制する手法で、これによりゴシポールが綿実の中には含まれず、葉や茎などには従来のまま残っているという改良種ができたようだ。
無毒素綿が貧しい人々に食糧を供給する

2006/10/31 火

食品安全情報blog・米国FDAと動物クローニング:リスクと規制アプローチ

食品安全情報blog

FDAはウシ・ブタ・ヒツジ・ヤギの体細胞核移植によるクローン由来の食品を、安全性評価が済むまで市販しないよう任意に要請していた。評価の結果、クローンウシ・ブタ・ヒツジ由来の肉やミルク、及びクローンウシやヒツジの子孫に食品としてのハザードはないと結論した。

2006/09/10 日

食品安全情報blog・糖尿病遺伝子診断は誤解を招く

食品安全情報blog

 遺伝子発見は価値のあることである。遺伝子が発見されるとすぐに遺伝子診断と報道されるが、これは一般人を誤解させるものである。遺伝子診断で糖尿病ハイリスクの人がわかるだろうが、多くのキャリアにとってそのリスクは(一般の)33%から38%になっただけのことであり、この違いで生活習慣を変えるインセンティブになりうるだろうか?

 意図したものではないとしても、非現実的な期待を抱かせることは本当にやるべきこと(生活習慣の改善)から注意をそらすことになる。
<< 2/2