集会 > 食料環境セミナー

カテゴリーINDEX

1 2 >>

2011/09/26 月

食料環境セミナー(2011/9-12)

■シリーズ・原子力発電を考える■
3月11日の東日本大震災は福島第一発電原子力発電の事故を起こしました。次から次へと起こる事故の対応は遅々として進まず放射能汚染の被害はあらゆるところに広がり日々の生活を脅かし、事故で汚染された食品は、野菜や魚介類など他品目にわたり、食生活にも影響が出るようになりました。福井県には11個の原子力発電所があります。原子力発電のこと一緒に勉強しませんか?
多くの参加をお待ちしています。
◆9月28日(水)午前10時30分~12時
「原発と日本の未来」
九州大学大学院・比較社会文化研究院教授 吉岡斉さん
※「原発と日本の未来ー原子力は温暖化対策の切り札か」(岩波ブックレット802)
◆10月26日(水)午前10時30分~12時
「原発の発電コストはほんとに安いか?」
原子力資料情報室 共同代表 西尾漠さん
◆11月30日(水)午前10時30分~12時
「脱原発のため知るべきこと」
京都大学・原子炉実験所助教 今中哲二さん
◆12月21日(水)午前10時30分~12時
「子供たちに年間20ミリシーベルトは妥当か?」
神戸大学大学院・海事科学研究科教授 山内知也さん
……………………
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。

2011/03/29 火

食料環境セミナー(2011/4-7)

◆日時:2011年4月27日(水)午前10時30分~12時
テーマ:「TPPを読み解くⅡ」
講師:京都大学大学院工学研究科(都市社会工学専門)助教 中野剛志さん
日本の平均的な関税率は、米、EU、韓国よりも低く「平成の開国」は不要です。またTPP交渉参加国のGDPのシェアは、米が7割、日本が2割強で、事実上TPPは米国の輸出増のための協定です。以上の見地のお話から、農業が大きな影響を受けるといわれるTPPについて、ひき続き考えていきましょう。   
※『TPP亡国論』集英社新書(2011年)が出版されています。
◆日時:2011年5月25日(水)午前10時30分~12時
テーマ:「地域でがんばるおもろい農家」
講師:農業生産法人(有)夢前夢工房(姫路市夢前町)代表 衣笠愛之さん  
姫路市夢前町で「夢工房」を経営する衣笠愛之さんは農家の2代目。実家を継ぎ、無農薬・減農薬栽培にこだわりながら、加工部門の展開、地域での農業体験、研修、レストラン、田んぼアートなどにも幅広く取り組まれ、大規模化。その様子をお聞きします。
◆日時:2011年6月22日(水)午前10時30分~12時
テーマ:「ワクチンの安全性、ワクチンで防げる病気」
講師:佛教大学社会福祉学部教授(耳原総合病院小児科) 武内一さん
子宮頸がんワクチンキャンペーンの影響で、新聞やテレビでワクチンのことが報道されると同時に日本のワクチン行政の遅れやワクチン接種の副作用問題がクローズアップされるようになりました。ワクチンは本当に安全なのでしょうか?ワクチンのこともっともっと知りたいと思いませんか?
※『Hib感染病とHibワクチン徹底解説ガイドブック』文光堂(2009年)が出版されています。
◆日時:2011年7月27日(水)午前10時30分~12時
テーマ:「科学は誰のものか?-遺伝子組み換え作物を通して」
講師:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター准教授 平川秀幸さん
原発、遺伝子組み換え作物など、これら科学技術は日常生活に重要なことであるにもかかわらず、一般の市民は十分に向き合うことができていないのが現状です。にもかかわらず、行政、企業、研究者は市民に伝えきれていません。今後の大きな課題です。多数の参加をお待ちしています。
※『科学は誰のものか?-社会の側から問い直す』NHK生活人新書(2010年)が出版されています。
……………………
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
http://ksyc.jp/s-ss/201101-3syokann.pdf
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。

2011/01/23 日

食料環境セミナー(2011/1-3)

(1)2011年1月26日(水)午前10時30分~12時
 「TPPを読み解く-グローバリゼーションと日本農業-」
 AMネット代表理事 松平尚也さん
(2)2011年2月23日(水)午前10時30分~12時
 「あぶらむ物語-人生のよき旅人たちの話」
 あぶらむの会(岐阜県高山市)代表 大郷(おうご)博さん
(3)2011年3月23日(水)午前10時30分~12時
 「省エネ家電って本当に省エネ?」
 NPO法人近未来生活研究所 桑垣 豊さん
……………………
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
http://ksyc.jp/s-ss/201101-3syokann.pdf
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。

2010/09/11 土

食料環境セミナー(2010/9-12)

シリーズ・21世紀の暮らしと環境-COP10(生物多様性条約締約国会議)を迎えて-
1)「21世紀の暮らしと環境」
日時:9月22日(水)午前10時30分~12時
講師:神戸大学名誉教授 保田茂さん
2)「暮らしの中の生物多様性」
日時:10月27日(水)午前10時30分~12時
講師:いのちをつなぐ食育の会・代表 戸田耿介さん
3)「動物のウンチいろいろ―食べ物がむすぶ生態系―」
日時:11月24日(水)午前10時30分~12時
講師:動物教材研究所pocket主宰 松本朱実さん
4)「環境教育と絵本」
日時:12月22日(水)午前10時30分~12時
講師:フリーランス・環境教育コーディネーター 南家聡一郎さん
……………………
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
ホームページ http://www.ksyc.jp
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。

2010/04/21 水

食料環境セミナー(2010/4-7)

■2010年4月28日(水)午前10時30分~12時
「農作物のカドミウム汚染」
講師:畑明郎さん(大阪市立大学教授)
07 年~09 年の環境省の調査で米や野菜から重金属のカドミウムが検出されたとのことです。日本では米以外には安全基準がありません。今回、小麦、ほうれん草、ナスなど10品目で国際基準を超えていることが分かりました。汚染原因は?被害はないの?基準はどうなる?などなど、ぜひお話を伺いたいと思います。多くの参加をお待ちしています。
■2010年5月26日(水)午前10時30分~12時
「国産大豆での醤油作り」
講師:浄慶耕造さん(大徳醤油株式会社社長・兵庫県養父市)
流通する醤油の2%以下にしか使用されていない国産大豆と、国産小麦、自然塩、この3つの素材のみを杉蔵で寝かせてつくる醤油製造会社があります。醤油の95%が脱脂大豆から作られていた23 年前、無添加国産丸大豆醤油に挑戦し、四季の温度変化でゆっくりと発酵熟成させています。
創業100 年を迎える「大徳醤油」』社長の浄慶耕造さんは、環境に負荷をかけない製品つくりをめざしています。醤油づくりについての、これまでとこれからについてお話をしていただきます。
■2010年6月23日(水)午前10時30分~12時
「食の安全」裏側の話
講師:渡辺宏さん(「安心!?食べ物情報」主宰)
http://food.kenji.ne.jp/
相次ぐ食品業界の不祥事、産地偽装事件が起こる中、「食の安全」が改めて問われています。さまざま情報が飛び交う中、私たちは何を信頼すればよいのでしょう。今回の食環セミナーでは、生活協同組合の仕入れ担当の現場を体験された渡辺宏さんをお迎えし、「つくり手の事情・消費者の言い分」をもう一度考えてみたいと思います。
■2010年7月28日(水)午前10時30分~12時
「ゴミ問題を考える」
講師:浅利美鈴さん(京都大学環境保全センター助教)
あふれかえっているゴミの減量を考えると、3R(Reduce 減らす・Reuse
繰り返し使う・recycle 再利用する)が欠かせません。家庭から出るゴミのうち「容器」や「包装」が容積比で約6 割、重量比で約2 割を占めています。京都の家庭ごみを調査して興味深いレポート発表された浅利さんをお呼びして、容器包装廃棄物減量のトップランナー的取り組みやリサイクルの現状について一緒に学びます。
……………………
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
ホームページ http://www.ksyc.jp
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。

2010/01/28 木

食料環境セミナー(2010/1-3)

■1月27日(水)午前10時30分~12時
 「ダム建設と環境問題」
 講師:宮本博司さん(元国土交通省議員、元淀川水系流域委員会委員長)
■2月24日(水)午前10時30分~12時
 「手に(市民活動の)職を持とうー宝塚市の廃プラ処理政策から学ぶー
 講師:森住明弘さん(NPO法人大阪ごみを考える会・理事長)
■3月24日(水)午前10時30分~12時
 「再び学んで他・自のためにー神戸市のごみ処理政策から学ぶー
 講師:森住明弘さん(NPO法人大阪ごみを考える会 理事長)
---------
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
ホームページ http://www.ksyc.jp
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。

2009/09/19 土

食料環境セミナー(2009/9-12)

シリーズ「農と出会い、農に生きる」
●2009年9月30日(水)午前10時30分~12時
「兵庫県市島町で農業を始めて」
講師:古谷暁子さん(奥丹波ブルーベリー農場)谷水大祐さん(谷水農場)
●2009年10月28日(水)午前10時30分~12時
「脱サラ、そして有機農業」
講師:五島隆久さん(神戸市西区五島農園)
参考:神戸新聞
●2009年11月25日(水)午前10時30分~12時
「いちごとトマト、そして、こどもを育てて」
講師:小林剛彦さん(淡路小林農園)
●2009年12月9日(水)午前10時30分~12時
「半農半X(エックス)のすすめ」
講師:塩見直紀さん(綾部市・半農半X研究所代表)
---------
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
ホームページ http://www.ksyc.jp
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。

2009/05/26 火

食料環境セミナー(2009/5-7)

5月27日(水)午前10時30分~12時 ※予定どおりの開催です。
  「菜の花除草で米をつくっています」
  講師:赤木歳道さん(自然を愛し環境を考える百姓・岡山市)
6月24日(水)午前10時30分~12時
  「兵庫のため池、兵庫の田んぼ」
  講師:池本廣希さん(兵庫大学経済情報学部教授)
7月22日(水)午前10時30分~12時
  「田んぼに暮らすいろんな生きもの」
  講師:伊藤一幸さん(神戸大学農学部教授)
--------
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
ホームページ http://www.ksyc.jp
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。

2009/04/21 火

食糧環境セミナー(2009/4)

■2009年4月22日(水)午前10時30分~12時
■「いつまでもあると思うな親と米」
京都精華大学元教授 槌田 劭さん
---------
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-587
ホームページ http://www.ksyc.jp
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。
--------------------------------------------------------------------------
 やがて世界は地球規模の食糧危機に直面するであろうと言われるようになって、もう久しい感があります。これまで食糧であった穀物がバイオ燃料として多く使われるようになり、世界各地で起こっている気候変動、干ばつ、紛争、人口増加などを目の当たりにする今、その危機はもう目前にまで迫っているのではないでしょうか。その中で、日本は食糧の60%を国外に依存しています。お金の力で世界中から食糧を買い占めるという方法はもう通用しないでしょう。農村は生産者の高齢化と後継者不足、市場原理の中で輸入農産物との競争に苦しんでいます。このまま進んでいくと、今まで当たり前にあった日本のお米は、はっと気がついたときにはもうなくなっているかもわかりません。
 今回の食糧環境セミナーでは、日本の農業と農村、そして日本の米は自分たちで守るしかないと、「縁故米運動宣言」を提唱されている槌田劭さんにお話を伺います。

2009/01/22 木

食料環境セミナー(2009/1-3)

1)1月28日(水)午前10時30分~12時
  「六甲山とモリアオガエル-六甲山自然保護運動のとりくみ」
  講師:六甲山自然保護センターを活用する会代表 堂馬英二さん
2)2月25日(水)午前10時30分~12時
  「原子力発電と私たちのくらし」
  講師:原発の危険性を考える宝塚の会 中川慶子さん
3)3月25日(水)午前10時30分~12時
  「牛とアサガオ-県立播磨農業高校のとりくみ」
  講師:兵庫県立播磨農業高校教師 松島敏春さん
---------
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円※当日会場でお支払いください。
主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
ホームページ http://www.ksyc.jp
e-mail info@ksyc.jp
※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。
1/2 >>