環境 > アスベスト

カテゴリーINDEX

1 2 >>

2009/11/05 木

アスベスト:石綿被害 中皮腫死、10年で倍増 08年、過去最多の1170人に - 毎日jp(毎日新聞)

アスベスト:石綿被害 中皮腫死、10年で倍増 08年、過去最多の1170人に - 毎日jp(毎日新聞)

 アスベスト(石綿)関連がんの中皮腫による国内の死者が08年に1170人に上っていたことが厚生労働省の人口動態統計で分かった。10年前の2倍以上で、著しい増加傾向を示す。石綿による肺がんの発症は中皮腫の2倍との専門家の見方もあり、被害は深刻さを増している。

 中皮腫の死者は、95年に500人だったが、06年に1000人を突破。08年は前年より102人増えた。都道府県別の死者は大阪110人、東京108人、神奈川105人、兵庫105人の順に多かった。

2009/10/14 水

アスベスト:工場に隣接、元従業員25%胸膜被害 1人は中皮腫で死亡--岐阜 - 毎日jp(毎日新聞)

アスベスト:工場に隣接、元従業員25%胸膜被害 1人は中皮腫で死亡--岐阜 - 毎日jp(毎日新聞)

 アスベスト(石綿)製品を作っていたニチアス(旧日本アスベスト)羽島工場=岐阜県羽島市=の隣にあった工場の元従業員の約25%に、石綿関連病変の胸膜肥厚斑(胸膜プラーク)があることが、岡山大大学院の頼藤貴志、鈴木越治両助教(環境疫学)らの調査で分かった。プラークのあった1人は昨年、中皮腫で死亡しており、専門家は元従業員の定期的な健康管理を国などに求めている。【大島秀利】

 石綿工場近隣の工場労働者集団を対象とした追跡調査は初めて。

 工場は「南濃紡績」で、1950年代初頭に操業を始め、66年に倒産した。従業員は鹿児島、静岡など全国から来ていた。石綿を使用せず綿の紡績をしていたが、南側と西側は危険性の高い茶石綿などを使用したニチアス工場に隣接していた。

2009/09/01 火

アスベスト:石綿死、店貸主に責任 近鉄に5000万円賠償命令--大阪地裁 - 毎日jp(毎日新聞)

アスベスト:石綿死、店貸主に責任 近鉄に5000万円賠償命令--大阪地裁 - 毎日jp(毎日新聞)

原告弁護団によると、石綿被害訴訟で吹き付け石綿による被害に賠償を認めたのは初めて。

 建物を貸した側にも賠償責任が生じる場合があるとの初判断でもあり、企業に石綿調査を促すなどの影響がありそうだ。

 判決によると、近鉄側は69年、店舗周辺を高架化した際、店舗2階の倉庫の壁に、石綿の中で最も毒性の強い青石綿を吹き付けた。店舗は賃貸され、男性は70年から就労。02年に中皮腫と診断され、04年7月に死亡した。

2009/07/28 火

アスベスト:吸入、肺にラジウム蓄積 内部被ばくでがん化--岡山大チーム - 毎日jp(毎日新聞)

アスベスト:吸入、肺にラジウム蓄積 内部被ばくでがん化--岡山大チーム - 毎日jp(毎日新聞)

アスベスト(石綿)吸入による中皮腫や喫煙などによる肺がんが起こる仕組みを、岡山大の中村栄三・地球物質科学研究センター長らの研究チームが解明した。石綿やたばこ、粉じんに含まれる鉄が肺に入ると、鉄を含む「フェリチン」というたんぱく質が形成される。フェリチンは大気中などにある放射性物質ラジウムを集めて蓄積させ、がんを引き起こすという。
…………
 すると、6人の中皮腫患者のフェリチンからバリウム、鉛、カドミウムなどの重金属が検出された。中でもラジウムは海水中の100万~1000万倍に相当する高濃度だった。肺がん患者6人でも同様の傾向がみられた。

2009/06/27 土

神戸新聞|社会|クボタ石綿禍 旧神崎工場内外で320人死亡

神戸新聞|社会|クボタ石綿禍 旧神崎工場内外で320人死亡

クボタ旧神崎工場(尼崎市)周辺のアスベスト(石綿)被害で、中皮腫などが原因で工場内外で亡くなった人が320人に上ることが、同社や患者支援団体への取材で分かった。石綿関連疾患は長期の潜伏期間を経て発症するため、年々増加傾向にあり、この1年で32人増えた。石綿を扱っていた全国各地の工場のうち、同工場周辺の被害は最大規模。各地でも拡大しつつあり「公害」の側面はより強まっている。

 患者支援団体「尼崎労働者安全衛生センター」を通じてクボタに救済金を請求した周辺住民は、15日現在で201人。うち中皮腫などによる死者は179人。一方、元従業員の被害者は162人で、うち141人が既に死亡しているという。

2008/10/27 月

アスベスト:岐阜の工場、周辺住民の肺がん死3倍 粉じん公害の可能性--初の調査 - 毎日jp(毎日新聞)

アスベスト:岐阜の工場、周辺住民の肺がん死3倍 粉じん公害の可能性--初の調査 - 毎日jp(毎日新聞)

 アスベスト(石綿)製品を作っていた岐阜県羽島市のニチアス羽島工場の周辺住民の間で、肺がん死が全国平均に比べて約3倍多発していると、大阪府立公衆衛生研究所の熊谷信二生活環境部長が26日、発表した。石綿工場の周辺住民の肺がんに関する本格的疫学調査は初めて。石綿粉じん公害で肺がんが増えている可能性を示すもので、十分に救えていないと指摘されてきた肺がん患者の救済や補償のあり方にも影響しそうだ。

2008/09/20 土

アスベスト:研究者も中皮腫死で救済認定 工場調査で吸う - 毎日jp(毎日新聞)

アスベスト:研究者も中皮腫死で救済認定 工場調査で吸う - 毎日jp(毎日新聞)

 神戸大の文学部長などを務めた名誉教授がアスベスト(石綿)関連がんの中皮腫が原因で死亡し、石綿健康被害救済法による救済認定を受けたことが分かった。石綿に詳しい医師らの調査では、名誉教授は、石綿が混入した粉末鉱石・タルクを大量に使用していたゴム関連工場を長期にわたり調査しており、その際に吸い込んだ可能性が高い。研究者らが現地調査などで石綿を吸引して発症するケースは極めて珍しい。遺族は文部科学省に公務災害認定を請求した。

 また石綿が混入したタルクはかつて、ゴム関連産業などで多用されており、タルク吸引による被害を警告する事例にもなりそうだ。
 ---------
 名誉教授は私立大の現職教授だった95年10月、65歳で死亡。神戸大病院の死亡診断書では、腹膜中皮腫を原因とする肺塞栓(そくせん)症だった。遺族はどこで石綿を吸ったか分からず、名取医師らに相談していた。

 タルクが原因となった石綿関連疾患による労災認定例はこれまでに全国で7例ある。石綿含有量0.1%超の石綿を含むタルクの製造や使用は06年9月から、労働安全衛生法施行令改正により禁止された。現在使われているタルクに石綿は混入されていない。

2008/04/15 火

ベビーパウダーも危ない! アスベスト被害急増の恐怖(ダイヤモンド・オンライン) - goo ニュース

ベビーパウダーも危ない! アスベスト被害急増の恐怖(ダイヤモンド・オンライン) - goo ニュース

今回の労災認定は、進さんが72年12月から8年半あまり勤めたアダマンド工業(東京都足立区)における時計用宝石の加工作業でのアスベスト曝露(ばくろ)によるものである。もっとも、この会社でアスベストを直接扱っていたわけではない。労災認定した足立労働基準監督署は「個別の事案にはお答えできない」と理由を明らかにしないが、晴美さんはこう説明する。



「ベビーパウダーの原料のタルクにアスベストが含まれていたからだと労基署から聞いています」



 ベビーパウダーの主原料はタルクと香料。つまりほとんどがタルクだ。


週刊ダイアモンドオンライン「ベビーパウダーも危ない! アスベスト被害急増の恐怖
前述したように、厚生省の指導で1987年以降、ベビーパウダー用のタルクに関しては一定量のサンプル調査でアスベストを含まないことを確認して使われている。



 だが、1986年以前は調査すら実施されていないし、付け加えれば現在も全量調査を行なっているわけではない。この先、ベビーパウダーによるアスベスト被害が出ないと誰が言い切れるだろうか。



 しかも、アスベストを不純物として含む物質はタルクだけではない(下表参照)。バーミキュライト(ひる石)、繊維状ブルサイト(水滑石)、セピオライト(海泡石)、蛇紋石。「こうした原料を使用していた工場でも被害が発生する可能性がある」(永倉事務局長)。

2008/02/20 水

asahi.com:石綿工場の周辺住民20人が胸に異常 奈良県が初公表 - 関西

asahi.com:石綿工場の周辺住民20人が胸に異常 奈良県が初公表 - 関西

アスベスト(石綿)による健康被害を調査していた奈良県は19日、大手建材メーカー「ニチアス」(本社・東京)の王寺工場(王寺町)や子会社の竜田工業(斑鳩町)から800メートル以内に住んでいる住民20人が、石綿を吸った時にだけできる「胸膜プラーク」と診断された、と発表した。県は工場周辺に健康被害が広がっていたことが裏付けられたとしており、「さらに住民の健康診断を続けてサンプル数を増やしたい」としている。

2008/02/20 水

アスベスト健康被害 韓国支援団体が来日 ニチアス王寺工場を見学 - MSN産経ニュース

アスベスト健康被害 韓国支援団体が来日 ニチアス王寺工場を見学 - MSN産経ニュース

アスベスト(石綿)による健康被害問題で、大手建材メーカー「ニチアス」(本社・東京)が出資・設立した韓国企業による健康被害が広がっているとして、韓国の支援団体メンバーらが17日、来日し、同社の王寺工場(王寺町)などを視察した。
1/2 >>