遺伝子組み換え > 種子

カテゴリーINDEX

1 2 3 >>

2015/02/02 月

神戸新聞NEXT|社会|野生のナシ知って 神戸大などジャムやシロップに

神戸新聞NEXT|社会|野生のナシ知って 神戸大などジャムやシロップに

神戸大の食資源教育研究センター(兵庫県加西市)が育てた野生のナシ「イワテヤマナシ」のジャムとシロップが、国内で初めて製品化された。独特の酸味と香りを生かし、神戸市灘区の食品メーカー「樽正本店」が製造と販売を手がけた。

 イワテヤマナシは、岩手県を中心とした東北地方の山などに自生し、宮沢賢治の童話「やまなし」の題材にもなった。地元では古くから親しまれてきたが、近年は伐採が進んでいる。

 同センターでは15年以上前から、保全や研究のため約700本を育てている。加工品にすることで広く知ってもらい、安易な伐採を食い止めようと、2009年から樽正本店と検討を重ねてきた。

 およそ2年がかりで、35種類のイワテヤマナシの中から、加工に適した2種類を選び出した。ジャムには酸味が強い「霜畑梨」、シロップには香り豊かな「夏梨」を採用。食品添加物を使わず、北海道産のテンサイ糖だけで仕上げた。ヨーグルトに混ぜたり、生ハムに添えたりしてもおいしいという。

 同センターは、篠山市で耕作放棄地を活用したイワテヤマナシの栽培にも取り組んでいる。今回はセンターで栽培した果実を使ったが、3年後には、篠山市で収穫した果実を使って商品化する計画もある。

2010/02/16 火

食べるナビ~食にまつわるエトセトラ - 毎日jp(毎日新聞)

食べるナビ~食にまつわるエトセトラ - 毎日jp(毎日新聞)

代表的な京野菜は壬生菜(みぶな)、みず菜、賀茂なす、鹿ケ谷(ししがたに)かぼちゃ、堀川ごぼうなど。京都府は確認されている約40品目のうち15品目を「京のブランド産品」と位置付け、ブランド化して販売推進する。消費は府内が大半だが、阪神間や首都圏にも引き合いが多い。
…………
 伝統野菜とは、昔から特定の地域で種をとり栽培されてきた野菜。形が不ぞろい、病害虫に弱いなどの理由で作りやすい品種に移行したり、都市化の進展で栽培が途絶えてしまったものも多い。

 大阪では10年前から、市民が主体で「なにわの伝統野菜」の復活に取り組んできた。大阪府は05年に認証制度を制定。毛馬(けま)胡瓜(きゅうり)や金時人参(きんときにんじん)、勝間南瓜(こつまなんきん)など、現在は栽培農家を含め、取り扱いの個人・団体・店舗は230にのぼり、当初の10倍に増えた。

 大阪市東住吉区の住宅地にある畑で田辺大根を栽培する松本隆さん(59)は「とても味がいいので、次世代にも残したい」と話す。価格は通常の2倍だが、料理店からの人気は高い。伝統野菜の普及に努めるNPO法人「浪速魚菜の会」(大阪市福島区、電話06・6469・7600、http://www.ukamuse.jp)の笹井良隆代表(53)は「本当に高品質で味が良いからこそ使われ、残ってきた」と話す。

 東京でも復活・ブランド化が進む。築地市場の卸売会社「東京シティ青果」(東京都中央区、電話03・3549・9170)は5年前から、東京の伝統野菜「江戸野菜」のうち15品目を扱い始めた。昨年11月には「江戸東京野菜普及推進連絡協議会」を設立。取扱量は年々増加しており、飲食店や百貨店から問い合わせも相次ぐ。

2009/11/03 火

神戸新聞|姫路・西播磨|姫路ショウガ復活を 市内で35キロ収穫

神戸新聞|姫路・西播磨|姫路ショウガ復活を 市内で35キロ収穫

 姫路市内でかつて栽培されていたショウガを復活させる取り組みが同市白浜町で始まった。今春植えた種ショウガが無農薬で順調に育ち、約35キロを収穫。ショウガじょうゆにつけて食べる「姫路おでん」やショウガ入りの酒、ワインなどへの活用の夢が広がる。(坂本 勝)

 風土に根差した在来種野菜などの保存に取り組む「ひょうごの在来種保存会」の山根成人さん(67)らが、兼業農家の岡田和男さん(53)が白浜町宇佐崎北に持つ畑に今春、高知産の種ショウガ50株を植えた。10月30日に収穫。市内で酒専門店を経営する平井誠一さん(58)が買い取り、ショウガ入り酒などを作る予定。
…………
 ショウガは昭和30年代前半、妻鹿や糸引、谷内を中心に、約40ヘクタール作付けされていたが、高知県などハウス栽培物の増加や安価な中国産の輸入などで作付面積が激減した。

2009/07/04 土

神戸新聞|社会|形、肉厚は良好 ペッチンウリ出荷ピーク 明石

神戸新聞|社会|形、肉厚は良好 ペッチンウリ出荷ピーク 明石

 夏本番を前に、浅漬け用のウリとして人気がある「ペッチンウリ」(別珍瓜)の出荷が、明石市魚住町、JA兵庫南明石播磨営農経済センターでピークを迎えている。

 15センチ前後のやや細長い卵形で、ほのかな甘みを持つ。かつては東播磨を中心に広く生産されたが、病害虫に対する弱さなどから、同市内で今年、市場流通用として作付けした農家は2軒だけだった。
…………
 大半は、市内の漬物加工業「畠田商店」で浅漬け加工され、魚の棚商店街の店舗(TEL078・911・2190)などに並ぶ。市内に2店ある同センター(TEL078・948・5380)直売所「ふぁ~みんSHOP」では生のまま販売する。

ふぁ~みんSHOP
※生で販売されるのは、明石市内の下記二店だと思われます。
・ふぁ~みんSHOP魚住
〒674-0081明石市魚住町錦が丘4丁目11-5(078)947-1515
・ふぁ~みんSHOP二見
〒674-0092明石
市二見町東二見210-1(078)942-1927
漬物「畠田商店」(魚の棚商店街)

2009/04/16 木

伝統野菜、広がる復活の輪:日経ビジネスオンライン

伝統野菜、広がる復活の輪:日経ビジネスオンライン

有機農産物の販売を手がける「大地を守る会」(千葉市)の宅配用パンフレットを眺めると、思わず頬が緩むような、面白い名称や姿の伝統野菜が並んでいる。同社が登録会員に全国の伝統野菜を提供する、「とくたろうさん」という人気のサービスだ。料理研究家が関心を示し、口コミなどで広がり、今では全国から約 2000人が登録している。

伝統野菜は旬の時期や収穫量も限られるため、届くのは1カ月に2~3回で、それぞれ1~2個届く。注文しても、毎回届くわけではない。現在「とくたろうさん」で取り扱う伝統野菜は76品目で、単価は大体300円台程度だ。この春からは東京都世田谷区で伝統野菜を使った料理を提供するレストラン「ツチオーネ」も開店した。

2008/12/09 火

食料小国ニッポン - 毎日jp(毎日新聞)自給率回復の道/5止 在来の種、どう守る

食料小国ニッポン - 毎日jp(毎日新聞)自給率回復の道/5止 在来の種、どう守る

千葉県成田市の農事組合法人「ナチュラルシード」も全国各地の生産者と連携し、在来種の野菜を無農薬、無肥料の自然農法で生産する。事務局長の石井吉彦さん(54)は「種苗会社の種は農薬や化学肥料を使う前提で開発されている。その種子で有機農業をやっても成功しない」と話す。

 野菜の自給率は07年度で80%と一見高いが、種子は9割近くが海外からの輸入。しかも、多くは農家が再生産できない「一代雑種」のため、野菜の実質的な自給率は1割足らずとの見方もできる。輸入種子の平均価格は07年に2年前の倍近くまで上昇した。世界的な穀物価格上昇を受け、種子の生産をやめて穀物に切り替える農家が増えたためだ。

2008/10/09 木

食の風景:伝統野菜の宝石箱 - 毎日jp(毎日新聞)

食の風景:伝統野菜の宝石箱 - 毎日jp(毎日新聞)

店内に整然と種の袋が並ぶ。創業200年になる赤松種苗(大阪市天王寺区)。種袋のみずみずしい野菜の写真に引き寄せられるように、多くの人が足を止める。約1000種の種を常備する同店には、「天王寺かぶら」や「大阪白菜」など各地の伝統野菜の種も年間50種程並ぶ。

 現在市場に出回る野菜の約9割が、「一代雑種」の種を使用している。収穫量の安定化や整った形を狙って人為的に交配されたため、採種はできない。一方、伝統野菜は「固定種」とも呼ばれ、他種と交わらせず、長い年月の中で環境に適応したもので何世代も収穫できる。
---------
 課題は採種農家の高齢化だ。同店も30年以上前は大阪や奈良の10軒ほどの農家に委託していたが減り続け、農家を紹介してもらいつないでいる。現在は3軒になった。採種用具の使用法など次世代に引き継ぐべきことは多い。

2008/07/28 月

もう一度食べたい:青臭いトマト もっちり野の香り 大玉は裂けやすく、栽培に手間 - 毎日jp(毎日新聞)

もう一度食べたい:青臭いトマト もっちり野の香り 大玉は裂けやすく、栽培に手間 - 毎日jp(毎日新聞)

「昔のトマトですか。大玉のデコボコした青臭いトマトですね。恐らく『ポンデローザ』だと思います」と、カネコ種苗(前橋市)種苗部の鈴木佐平さん(62)。昭和40年代までの品種で、見た目が悪く形も不ぞろいなため、市場から嫌われ、姿を消したという。いまは中玉の赤くて甘い「ファースト」「レッドオーレ」「桃太郎」が全盛で、ポンデローザを栽培、出荷する農家は「多分ゼロ。いないはず」と鈴木さんは話す。
---------
そんなとき読者から情報が入った。「伊丹市(兵庫県)で戦前からのトマトを作っている農家があります」

 早速、向かった。
---------
 トマト畑は街の真ん中にあった。新幹線の高架とマンション、住宅に挟まれた同市南鈴原の7アールの畑。6段に実をつけた1本仕立てのトマトが並んでいる。「1500本植わってます。うまいのは3段まで。上の段になると皮がはじけてまう」と尾部嘉彦さん(82)。品種は「オランダトマト」。これの改良種がファーストだという。

 オランダトマトは昭和初期から30年代初めまで、阪神間で栽培されたトマトの主力品種で、最盛期には地元で約1000トンが出荷されていた。しかし、大玉の実は裂けやすく、栽培に手間がかかるため、いまでは尾部さん1軒だけになった。

2008/03/04 火

植物版「ノアの箱舟」と、失われていく種の多様性 | WIRED VISION

植物版「ノアの箱舟」と、失われていく種の多様性 | WIRED VISION

同記事は、この100年間で農作物品種の4分の3が失われたという、国連FAO(食糧農業機関)による報告も紹介している。

2006/12/27 水

もう一度食べたい:杓子菜・日本ほうれん草 師走迎えるたび思い出す味-食:MSN毎日インタラクティブ

もう一度食べたい:杓子菜・日本ほうれん草 師走迎えるたび思い出す味-食:MSN毎日インタラクティブ

 「昔の日本ほうれん草? もう、ほとんど作られてないんじゃないですか」と、大手種苗会社カネコ種苗(前橋市)の種苗課長、都丸薫さん(55)。ほうれん草の種子としては、在来の「日本ほうれん草」と、これに西洋種を交配した「次郎丸」、さらに混雑系や西洋種など、計100以上あるという。だが農家が作るのは、病気に強く収量の上がる西洋種や混雑系ばかり。在来種は「家庭菜園どまりではないか」と話す。



 店頭で出合うのは無理かもしれない。そうあきらめかけていたところ、伝統野菜の復活に熱心な浜名農園(静岡県浜松市)の中村訓さん(38)から電話があった。「埼玉に作っている農家がある」。早速、埼玉県小川町の畑に出向くと、確かに植わってはいるのだが……どれがほうれん草でどれが雑草なのか、全く分からない。



 去る前に、採ったばかりの日本ほうれん草の「おひたし」をいただいた。赤い根元をかむと、コキッ、グズとした歯応え。口いっぱいに濃厚な甘さと香りが広がり、声もでなかった。
浜名農園(固定種・在来種の野菜のタネを扱うお店)
1/3 >>