環境 > 金属

カテゴリーINDEX

1

2010/01/19 火

2010-01-15食品安全情報・カドミウム、ジュエリー 中国から米国 警告

2010-01-15 - 食品安全情報blog・カドミウム、ジュエリー 中国から米国 警告/a>

中国産子ども用ジュエリーからカドミウム
米国に輸出される子ども用ジュエリーに鉛を使うことができなくなったためにさらに毒性の高いカドミウムを代わりに使っているようだ、という記事。
AP通信社の調査によると米国内で購入した安いジュエリー103検体のうち12%が少なくとも10%のカドミウムを含む。中には91%カドミウムというもの、89%、86%、84%カドミウムというものがあった。

2008/09/24 水

カドミウム汚染米は大丈夫らしいが。 - リスク論のネタ帳&ナノ追っかけ

カドミウム汚染米は大丈夫らしいが。 - リスク論のネタ帳&ナノ追っかけ

こっそり詳しそうな人に聞いてみたら、日経新聞の記事に情報が載っているとのこと(リンク)。

食用に適さない米の転用防止として、農水省はカドミウムが含まれた米は赤く染めている。1970年以降、0.4PPM以上、1.0PPM未満のカドミウムが含まれたコメについて、工業用のりなどに加工することを条件に販売。最近5年でも年間1200―2400トン程度のカドミウム米が発生しているが、すべて着色されている。

着色されているので安心、という理屈だ。ただ気になるのは、事故米問題が報道された当初、何度か聞いた「最近は米を原料に工業用のりを作ってる業者なんか聞いたことないですよ」という関係者の証言。赤く着色されたカドミウム汚染米は何に使われているのだろうか?いちおうこういう記事もあるので、やっぱり米を原料とした工業用のりがあるのだろうか。糊だとしても赤くなってしまったら使い勝手が悪くないのか?

2008/01/26 土

2008-01-25食品安全情報blog・材料の専門家がノルウェーの歯科用アマルガム禁止を非難する

2008-01-25 - 食品安全情報blog

ノルウェー政府は2008年1月1日から歯科用アマルガムを含め、水銀を含む物質の使用・輸出入・製造を禁止した。歯科用のアマルガムにより神経疾患や腎疾患が誘発されるという科学的根拠はない。歯科由来の水銀は天然由来や工業由来に比べて重要ではない。歯科用アマルガムの禁止は世界の水銀汚染にほとんど影響しないが、患者や歯科医師の治療法の選択肢を減らすものである。
1/1