集会 > 農塾

カテゴリーINDEX

1

2006/09/13 水

2006年度農塾

農を志す人・農に思いを寄せる人のための 農塾・2006年度



9月16日(土)「生きる基本だと考えてやっています、有機農業~保障なき時代に入った今だから、オススメ生活~」  講師:尾崎零さん 於:尾崎農場 11時30分能勢電鉄妙見口集合

  ※尾崎農場のレストランで昼食会をしてその後、農塾です。

10月21日(土)「27年間青位流平飼養鶏にとりくんで」講師:青位眞一郎さん

  於:青位養鶏場 12時30分JR加古川線西脇市駅集合(予定)

11月18日(土)「有機農業の野菜づくり」講師:渋谷冨喜男さん

  於:渋谷農場/13時地下鉄西神南駅集合(予定)

12月15日(金)「種採りの時代」講師:本野一郎さん

  於:神戸学生青年センター 19時~

07年1月19日(金)「体の歪み(不調)を自分で直す-家庭療法とくらしの自給-」講師:小林美喜子さん 

於:神戸学生青年センター 18時30~

 修了式 保田茂さん

<参加費>一回1500円 ※それぞれ10日前までにお申込みください。

2006/08/10 木

第12期大阪農塾連続セミナー

<第12期大阪農塾連続セミナー「農にふれあう」のご案内>

 ポジティブリストや食育基本法など、僅かながらではありますが農や食に対しての取り組みが始まりました。

 有機農業に興味のある方、食の安全・安心に興味のある方、有機農業を実践している方、都会に住みながらもいつの日か農業に挑戦したいと考えている方など、農に縁したい方々と共に学ぶ農塾2006。

 気になる講演にのみ参加されることも可能です。少しでも、農や食に興味のある方は、是非この講演で今後の自分探しのヒントを見つけてください。そんなに難しく考えないで、気軽に参加してみませんか!

■日程

第1回 8月25日(金)

『有機の風をつくる』

講師:尾崎零さん(大阪府有機農業研究会前代表)

第2回 9月8日 (金)

『農を仕事にするということ』

講師:橋本慎司さん(市島町有機農業研究会)

   菅原玲子さん(ポラン広場有機農業協会) ほか

第3回 9月22日(金) 

『農業と地域の交流』

講師:今野正章さん(大阪府有機農業研究会、堺市で有機農業)

第4回 9月30日(土)

『まずは畑に出よう』

堺市金岡にある今野正章さんの畑の見学、今野さんの協力を得て畑作りをしている

「ヨッシーくらぶ」(市民農園)で、鍬で耕し畝を作る農作業などを体験。畑での交流会。

(第1回~第3回)午後6時30分~8時30分

(第4回)午後1時~3時30分、この後畑で交流会(飲み物など実費いただきます)

■会場

(第1回~第3回)クレオ大阪中央

(大阪市天王寺区上汐5-6-25)

地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」下車、北東へ徒歩3分

駐車台数に限りがありますので、地下鉄・市バスをご利用ください。

(第4回)堺市金岡町の有機畑で

地下鉄御堂筋線「新金岡」で集合、現地まで車で5分

http://www.growup.co.jp/osakasubway/mi/mishinkana.pdf

■参加費

4回通し 5000円(会員4000円)

個別参加1講座1500円(会員1200円)

■申し込み・お問い合わせ

大阪府有機農業研究会

(TEL&FAX)06-6864-1026

------------------------------------------------------------------------

<羽曳野市飛鳥のぶどう畑に囲まれた地ワイン工場を見学しませんか>

  羽曳野市のブドウ栽培は400年前から歴史があります。

昭和の初めには生産量は甲府をぬいて日本一だったことも。今でも大阪随一のブドウの産地です。

近鉄大阪線 橿原神宮行きに乗って上の太子駅下車、駅から歩いて5分ほど歩いたところに飛鳥ワイン工場があります。

飛鳥ワインは1935年からワインを作り始め、現在のブドウ園は1.5ha(15,000㎡)の広さの中にデラウェア、メルロー、カベルネ、シャルドネ・・・等が植えられています。5月1日に下見に訪れた時はシャルドネ、甲州の苗木を多く育てられていました。

ぶどうは棚方式ではなく、収量を制限しぶどうの品質を高めるために、垣根栽培をしています。ぶどう畑は、冬の選定、春は余分な目の摘み取り、夏は枝の成長点を摘み伸長を止める作業、秋は糖度をチェックしながらの収穫、四季を通して休みない作業が続きます。

9月の収穫の時期にワイン工場が稼働しますので、そのころに見学を企画しました。

飛鳥ワインでは、「飛鳥ワインビンテージ2003」のシリーズのカベルネ(赤)、シャルドネ(白)、メルロー(赤)のワインは、100%自社製で、ブドウ本来の個性を活かすために一切熱を加えない「生ワイン」としてこだわりの限定品で販売しています。その他ロゼ、甘味なフルーツワイン等があり食前酒としてピッタリの梅ワインは国産ワインとして入賞しています。見学後のお土産も楽しみです。見学後は、農業普及センターの職員の方に大阪のぶどうの現状のお話をうかがいます。

日 時:2006年9月8日(金) 雨天決行

日 程:13:00集合 上の太子駅改札口

(近鉄南大阪線 準急橿原神宮行き)

    阿部野橋 12:24発 → 上の太子12:52着

          徒歩5分

  13:10~15:10 ワイン工場と畑の見学、ワインの購入

  15:26 「上の太子」駅発(電車で1駅乗ります)

  15:31 「古市」駅着

          徒歩 5分

  15:45~16:45 

          羽曳野市市民会館 2F会議室

          農業普及センターの方のお話し

  http://www.city.habikino.osaka.jp/info/056/shiminnkaikanmade.html



参加費:大有研会員 2,300円、 非会員 2,500円 小学生以下無料

★参加費には自社農園の限定ワイン1本を含みます。

定 員:20名(先着順)

お申し込み:大阪府有機農業研究会

(TEL/FAX:06-6864-1026)

★現地には駐車場がありませんので、電車をご利用ください。

 ----------------------------

 大阪府有機農業研究会

  事務局 植木・小林

 TEL/FAX:06-6864-1026

 mailto:daiyuken@hotmail.com

 http://daiyuken.hp.infoseek.co.jp/

2006/04/24 月

農塾/神戸学生青年センター

農を志す人、農に思いを馳せる人のための第14期農塾2006年

「農的くらし」をしましょう。環境破壊の進むこの時代にもうひとつの道を追求しましょう。

農的くらしの先達から、有機農業のすべてを学びます。今期の農民の講義は、現地の農場でうかがいます。

■講座スケジュール■  

会場:神戸学生青年センターおよび各農場(最寄の駅集合)

1)5月26日(金)~27日(土)開校式と講義 於/神戸学生青年センター「有機農業の時代」神戸大学名誉教授 保田 茂さん<

26日(金)午後6時~8時30分 講義1「有機農業の時代-1」午後8時30分~9時30分

交流会

27日(土)午前9時30分~11時30分 講義2「有機農業の時代-2」

※参加費:講義一回1000円、交流会3000円、宿泊3000円、申込み締切5月17日

2)6月17日(土)午後1時、福知山線三田藍野駅集合(予定)於/三田市・酒井農場「有機農業の米づくり」三田合鴨農法研究会 酒井清さん

3)7月15日(土)午後1時、JR播但線福崎駅集合(予定)於/牛尾農場「自給循環型農業の豊かな暮らし」牛尾武博さん

4)9月16日(土)午前11時30分 能勢電鉄妙見口集合(予定)於/尾崎農場 「生きる基本だと考えてやっています、有機農業~保障なき時代に入った今だから、オススメ生活(仮)」 尾崎零さん

5)10月21日(土)午後0時30分、加古川線西脇駅集合(予定)於/青位養鶏場 「27年間青位流平飼養鶏にとりくんで」青位眞一郎さん

6)11月18日(土)午後1時、地下鉄西神南駅集合(予定)於/渋谷農場「有機農業の野菜づくり」渋谷冨喜男さん

7)12月15日(金)午後7時 於/神戸学生青年センター「種採りの時代」本野一郎さん

8)2007年1月19日(金)午後6時30分 於/神戸学生青年センター「体の歪み(不調)を自分で直す-家庭療法とくらしの自給-」

小林美喜子さん

修了式:保田茂さん

●募集人数:30名

●受講料: 1回は、上記。2回~8回、各1500円(最寄り駅までの交通費別途)

●申込方法:2回~8回、それぞれ講義の10日前までに、1)お名前、2)住所(郵便番号)、3)性別、4)年齢、5)TEL/FAX、e-mail、 6)参加動機・希望等を記入の上、事務局まで郵送、ファックス、Eメールでお申込ください。

●申込先: 神戸学生青年センター 

e-mail info@ksyc.jp

〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1

TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
1/1