社会 > 電力自由化

カテゴリーINDEX

1

2011/07/10 日

日本のエネルギーパラダイムの転換 - 田二谷 正純 : アゴラ - ライブドアブログ

日本のエネルギーパラダイムの転換 - 田二谷 正純 : アゴラ - ライブドアブログ

ドイツ政府の2009年の環境経済報告書によれば、全体を牽引するクリーン・エネルギー生産分野では2007年2008年とも30%近い成長を維持、これに次ぐエネルギー効率向上・省エネ分野でも20%を越える成長を示している。この分野での雇用も13%増加しており、再生可能エネルギー関連だけで40万人近い雇用を抱える大きな産業になっていることが確認されている。こうした結果は、固定価格買取という制度の導入がこの分野に多くの資金を呼び込み、産業の拡大と連続した成長を後押ししたことを示している。
……………………
再生可能エネルギーへの大転換が超広域でのエネルギーの安定供給にまで波及するという壮大な拡張展開が始まっているのだ。わが国においても、送電網の再構築などの電力の自由化が進行すれば、それによって生み出されるスケールメリットが導入初期における国民と産業の負担を十分に吸収できるものと考えられる。

2011/06/29 水

「電力自由化」はやはりタブーなのか : アゴラ - ライブドアブログ

「電力自由化」はやはりタブーなのか : アゴラ - ライブドアブログ

そして出てきているのは自然エネルギー法案です。一見は自然エネルギー促進を行うという心地良いものですが、電力料金上乗せとして国民負担としてかえってくるだけでなく、当面の電力確保にも役立ちません。
それよりも、電力会社の地域独占体制の是正や「電力自由化」といった問題を先送りする法案にもなりかねない危うさも感じます。
……………………
価格を下げ、しかもイノベーションを起こしていくには競争を起こすことしかありえません。独占体制を崩せば飛躍的に料金が下がっていくことは、通信の自由化が証明しています。独占はかならず非効率を生みます。なぜなら、いくらコスト削減を重視した経営を行っても、パーキンソンの法則ではありませんが、官僚化した組織はつぎつぎに無駄な仕事を生み出すからです。
1/1