Archives: 2006/12 1

2006/12/03 日

神戸新聞Web News社説・食育の推進/暮らしに膨らみ持たせるために

神戸新聞Web News

県が、二〇〇三年に実施した調査では、「欠食習慣がある」小学生は7%で、中学生では15%、高校生になると26%に増えている。家庭のだんらんが失われつつあることも影響しているのだろう。



 子どものときに身に付いた食習慣は、大人になって変えるのが難しい。長期にわたる不健康な食生活は、肥満や生活習慣病にもつながる。そうした意味でも、学校教育の中で「食育」をはっきりと位置付け、指導していくことが重要だ。

-------------------------------------------------------

 明石市立松が丘小学校では、起床・就寝時間、朝食を食べたかどうか、排便の有無などを保護者に記録してもらい、家族を巻き込んだ生活の見直しに取り組む。



 その結果、疲れやイライラ、だるさなどを訴える児童が大幅に減少した。中尾幸雄校長は「食を通じて子どもの生活基盤を考え、前向きに生きることを教える。それが本当の食育」と話す。家庭や地域と一緒に正しい食の在り方を考え、取り組みを広げてこそ効果が期待できる。

2006/12/03 日

神戸新聞Web News社説・食育の推進/暮らしに膨らみ持たせるために

神戸新聞Web News

県が、二〇〇三年に実施した調査では、「欠食習慣がある」小学生は7%で、中学生では15%、高校生になると26%に増えている。家庭のだんらんが失われつつあることも影響しているのだろう。



 子どものときに身に付いた食習慣は、大人になって変えるのが難しい。長期にわたる不健康な食生活は、肥満や生活習慣病にもつながる。そうした意味でも、学校教育の中で「食育」をはっきりと位置付け、指導していくことが重要だ。

-------------------------------------------------------

 明石市立松が丘小学校では、起床・就寝時間、朝食を食べたかどうか、排便の有無などを保護者に記録してもらい、家族を巻き込んだ生活の見直しに取り組む。



 その結果、疲れやイライラ、だるさなどを訴える児童が大幅に減少した。中尾幸雄校長は「食を通じて子どもの生活基盤を考え、前向きに生きることを教える。それが本当の食育」と話す。家庭や地域と一緒に正しい食の在り方を考え、取り組みを広げてこそ効果が期待できる。

2006/12/03 日

asahi.com: 小惑星探査機「はやぶさ」、地球帰還準備が本格化 - サイエンス

asahi.com: 小惑星探査機「はやぶさ」、地球帰還準備が本格化 - サイエンス

 今春に通信が回復してからも11月ごろまでは太陽から遠く、太陽電池の発電量が減ったため「運用を通信など最小限にし、ひたすら耐えた」と宇宙機構の國中均教授。

 最近ようやく地球に近づき、通信も常につながるようになったので、帰還準備を本格化することになった。来年3月ごろには長距離航行用のイオンエンジンを本格的に噴射し、地球へ向かう軌道に入る予定だ。「最悪の状況を脱し、運用チームにも活気がある」と國中教授は言う。

 だが、これからも難関が待ち受ける。
tags:

2006/12/03 日

asahi.com: 小惑星探査機「はやぶさ」、地球帰還準備が本格化 - サイエンス

asahi.com: 小惑星探査機「はやぶさ」、地球帰還準備が本格化 - サイエンス

 今春に通信が回復してからも11月ごろまでは太陽から遠く、太陽電池の発電量が減ったため「運用を通信など最小限にし、ひたすら耐えた」と宇宙機構の國中均教授。

 最近ようやく地球に近づき、通信も常につながるようになったので、帰還準備を本格化することになった。来年3月ごろには長距離航行用のイオンエンジンを本格的に噴射し、地球へ向かう軌道に入る予定だ。「最悪の状況を脱し、運用チームにも活気がある」と國中教授は言う。

 だが、これからも難関が待ち受ける。
tags:
1/1