Archives: 2006/12 1 2 3 >>

2006/12/12 火

食品安全情報blog・新しい報告書で、科学者は「低用量」仮説の正体を暴く

食品安全情報blog

環境化学物質に高用量に暴露された場合より低用量で暴露された場合の方が有害であるという主張は間違っている、と本日発表された報告書では述べている。「低用量仮説」あるいは「内分泌かく乱仮説」の提唱者は、極微量の化学物質が有害である可能性があると主張し、そのような物質の各種消費材からの排除を要求している。しかし「低用量仮説」の科学的根拠は乏しい。

2006/12/12 火

食品安全情報blog・新しい報告書で、科学者は「低用量」仮説の正体を暴く

食品安全情報blog

環境化学物質に高用量に暴露された場合より低用量で暴露された場合の方が有害であるという主張は間違っている、と本日発表された報告書では述べている。「低用量仮説」あるいは「内分泌かく乱仮説」の提唱者は、極微量の化学物質が有害である可能性があると主張し、そのような物質の各種消費材からの排除を要求している。しかし「低用量仮説」の科学的根拠は乏しい。

2006/12/12 火

食品安全情報blog・きょうだいの数が脳腫瘍リスクを予測する

食品安全情報blog

Neurologyの2006年12月号に発表された論文によれば、4人以上弟妹のいるヒトは弟妹のいない人に比べて脳腫瘍のリスクが2倍になる。この種の研究では最大規模の、スウェーデンの13,613人の脳腫瘍事例を用いた研究。年下のきょうだいの数の多さは小さい頃の感染の指標と考えられる。この値はこれまで脳腫瘍に関して知られているリスク因子のどれよりも強いもので、研究者は原因となる感染因子の同定を急ぐ。

2006/12/12 火

食品安全情報blog・きょうだいの数が脳腫瘍リスクを予測する

食品安全情報blog

Neurologyの2006年12月号に発表された論文によれば、4人以上弟妹のいるヒトは弟妹のいない人に比べて脳腫瘍のリスクが2倍になる。この種の研究では最大規模の、スウェーデンの13,613人の脳腫瘍事例を用いた研究。年下のきょうだいの数の多さは小さい頃の感染の指標と考えられる。この値はこれまで脳腫瘍に関して知られているリスク因子のどれよりも強いもので、研究者は原因となる感染因子の同定を急ぐ。

2006/12/12 火

[N] ロナウジーニョのトリックプレー・ベスト10

[N] ロナウジーニョのトリックプレー・ベスト10

2006/12/12 火

[N] ロナウジーニョのトリックプレー・ベスト10

[N] ロナウジーニョのトリックプレー・ベスト10

2006/12/12 火

[N] 風呂敷の使い方

[N] 風呂敷の使い方

2006/12/12 火

[N] 風呂敷の使い方

[N] 風呂敷の使い方

2006/12/12 火

[N] 「レッツノート W5」モニタレポート その1

[N] 「レッツノート W5」モニタレポート その1

「レッツノート W5」モニタレポート その2

2006/12/12 火

[N] 「レッツノート W5」モニタレポート その1

[N] 「レッツノート W5」モニタレポート その1

「レッツノート W5」モニタレポート その2
1/3 >>