Archives: 2006/12 1 2 >>

2006/12/24 日

但馬牛新ブランド「すくすく草育ち」 競り値も上々

但馬牛新ブランド「すくすく草育ち」 競り値も上々

草を中心としたえさを与え胃腸を丈夫にする飼育法「すくすく草育ち」による但馬牛が、人気を集めている。子牛の出荷が本格的に始まって三カ月。穀物を与えた通常の牛より肉質が良くなるとされ、毎月の競り市でも最大で平均価格を13%も上回った。同飼育法を取り入れる農家も増えており、但馬牛のブランド強化や市場活性化に加え、減少する飼育農家数に歯止めをかける切り札として期待が集まる。

2006/12/24 日

但馬牛新ブランド「すくすく草育ち」 競り値も上々

但馬牛新ブランド「すくすく草育ち」 競り値も上々

草を中心としたえさを与え胃腸を丈夫にする飼育法「すくすく草育ち」による但馬牛が、人気を集めている。子牛の出荷が本格的に始まって三カ月。穀物を与えた通常の牛より肉質が良くなるとされ、毎月の競り市でも最大で平均価格を13%も上回った。同飼育法を取り入れる農家も増えており、但馬牛のブランド強化や市場活性化に加え、減少する飼育農家数に歯止めをかける切り札として期待が集まる。

2006/12/24 日

asahi.com: 喫煙率の数値目標また断念 業界・自民の抵抗なお強く - 健康

asahi.com: 喫煙率の数値目標また断念 業界・自民の抵抗なお強く - 健康

 喫煙率に数値目標を定めて禁煙を進めようとしていた厚生労働省が、方針を転換して数値目標を断念する方向で検討に入った。「禁煙希望者がすべてやめる」といったスローガンは掲げる。同省は00年にも数値目標の設定を目指したが、たばこ業界や自民党などの反発を受けて引っ込めた経緯があり、今回も各界に配慮したとみられる。

2006/12/24 日

asahi.com: 喫煙率の数値目標また断念 業界・自民の抵抗なお強く - 健康

asahi.com: 喫煙率の数値目標また断念 業界・自民の抵抗なお強く - 健康

 喫煙率に数値目標を定めて禁煙を進めようとしていた厚生労働省が、方針を転換して数値目標を断念する方向で検討に入った。「禁煙希望者がすべてやめる」といったスローガンは掲げる。同省は00年にも数値目標の設定を目指したが、たばこ業界や自民党などの反発を受けて引っ込めた経緯があり、今回も各界に配慮したとみられる。

2006/12/24 日

大豆栽培で森林破壊が拡大 アマゾンに新たな脅威 [CHUNICHI WEB PRESS]

大豆栽培で森林破壊が拡大 アマゾンに新たな脅威 [CHUNICHI WEB PRESS]

 耕作地の大半では大豆が栽培されており、伐採されて耕作地に変わる森林の面積は、大豆の価格に連動する傾向も判明。大豆の価格が上昇した03年に耕作地に変わった面積は、01-04年の期間で最大だった。

2006/12/24 日

大豆栽培で森林破壊が拡大 アマゾンに新たな脅威 [CHUNICHI WEB PRESS]

大豆栽培で森林破壊が拡大 アマゾンに新たな脅威 [CHUNICHI WEB PRESS]

 耕作地の大半では大豆が栽培されており、伐採されて耕作地に変わる森林の面積は、大豆の価格に連動する傾向も判明。大豆の価格が上昇した03年に耕作地に変わった面積は、01-04年の期間で最大だった。

2006/12/24 日

日本農業新聞 - 地下水汚染が深刻 硝酸性窒素濃度4.2%に/環境省

日本農業新聞 - 地下水汚染が深刻 硝酸性窒素濃度4.2%に/環境省

肥料や家畜ふん尿などの過剰投与が原因とされる、硝酸性窒素による地下水汚染が深刻化していることが21日、環境省の発表した2005年度地下水質測定結果で分かった。調べた4122本の井戸のうち、174本で地下水中の硝酸性窒素濃度(亜硝酸性窒素含む)が環境基準(1リットル当たり10ミリグラム)を超えた。

2006/12/24 日

日本農業新聞 - 地下水汚染が深刻 硝酸性窒素濃度4.2%に/環境省

日本農業新聞 - 地下水汚染が深刻 硝酸性窒素濃度4.2%に/環境省

肥料や家畜ふん尿などの過剰投与が原因とされる、硝酸性窒素による地下水汚染が深刻化していることが21日、環境省の発表した2005年度地下水質測定結果で分かった。調べた4122本の井戸のうち、174本で地下水中の硝酸性窒素濃度(亜硝酸性窒素含む)が環境基準(1リットル当たり10ミリグラム)を超えた。

2006/12/24 日

asahi.com:食糧自給率「低い」7割 6年前より17ポイント増 - 暮らし

asahi.com:食糧自給率「低い」7割 6年前より17ポイント増 - 暮らし

 日本の食糧自給率が「低い」と感じている人は大幅に増え、7割に達したことが、内閣府が21日に発表した「食料の供給に関する特別世論調査」で分かった。国際情勢の悪化によって輸入が不安定になる恐れがあることなどから、4人に3人は将来の食糧供給への不安を感じている。

-------------------------------------------------

 将来の食糧供給に「不安がある」という人は76.7%。不安の理由は「国際情勢の変化により、輸入が大きく減ったり止まったりする可能性がある」が61.6%と最も多く、前回より約18ポイントも増えている。

2006/12/24 日

asahi.com:食糧自給率「低い」7割 6年前より17ポイント増 - 暮らし

asahi.com:食糧自給率「低い」7割 6年前より17ポイント増 - 暮らし

 日本の食糧自給率が「低い」と感じている人は大幅に増え、7割に達したことが、内閣府が21日に発表した「食料の供給に関する特別世論調査」で分かった。国際情勢の悪化によって輸入が不安定になる恐れがあることなどから、4人に3人は将来の食糧供給への不安を感じている。

-------------------------------------------------

 将来の食糧供給に「不安がある」という人は76.7%。不安の理由は「国際情勢の変化により、輸入が大きく減ったり止まったりする可能性がある」が61.6%と最も多く、前回より約18ポイントも増えている。
1/2 >>