Archives: 2006/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

2006/09/30 土

MSN-Mainichi INTERACTIVE・インド食の安全

MSN-Mainichi INTERACTIVE インド

 「実際にはDDTはいまも畑で使われている。農民は安ければ何でも使う。説明書も読めないから、時には肥料代わりにまいてしまう」。隣接するハリヤナ州で長年、農民の生産、生活支援に取り組む農業活動家、プリトビ・ゴラプリアさん(62)は実態を明かす。

---------------------------------------------------------------------

 今年8月、インド最大の環境NGO(非政府組織)「科学環境センター」は、国内で生産、販売されているコカ・コーラ社とペプシコ社の炭酸飲料にDDTなどの殺虫剤成分が国際基準を超えて含まれていると発表した。両社の57本の炭酸飲料を検査したところ、すべてから欧州基準の平均24倍の殺虫剤成分が検出された。長年畑で使われてきた殺虫剤が飲料の原料となる地下水を汚染している可能性が強い。

2006/09/30 土

食品安全情報blog・食品照射についての年次報告書2003 & 2004

食品安全情報blog

2006/09/30 土

食品安全情報blog・Trans-Foolish

食品安全情報blog

 レストランでのトランス脂肪酸(TFA)禁止がニューヨーカーを健康にしない、と主張。理由はTFAの健康リスクが誇張されすぎていること。食品中のトランス脂肪酸が多いことはLDLレベルを上げるが、コレステロールレベルに影響するのはTFAのみではない。さらに心疾患に悪影響があるのはコレステロールのみではなく、喫煙や高血圧、糖尿病、肥満の方が特定の食事成分よりさらに悪影響が大きい。

-----------------------------------------------------------------

 また食品企業はTFAを含まないことを宣伝文句として特に健康上メリットの多いわけでもない商品を健康的だと誤解させて販売している。TFAを普通の脂肪に変えたところでカロリーが減るわけではない。

-----------------------------------------------------------------

1980年代に、CSPIはフライドポテトに牛脂を使うのを禁止するよう主張しその代わりにTFAを含む部分硬化植物油を薦めた。今やCSPIは恥知らずにもTFAを非難している。


食品安全blog・保健省は二つの健康基準変更案にパブリックコメントを募集:一つは全てのレストランにおける人工トランス脂肪の使用段階的廃止、二つめは一部のレストランでのカロリー表示要求

tags:

2006/09/30 土

食品安全情報blog・PBDE難燃剤とヒト健康

食品安全情報blog

PBDEの健康影響

 PBDEが実験動物にガンを誘発する可能性については根拠が限られている。非常に高濃度のデカBDEを生涯暴露されたラットの実験一つで肝腫瘍の発生が増加している。しかしこれは上述の肝や甲状腺や行動への影響を起こす濃度よりさらに数倍高い濃度でのみ見られている。

リスクを最小化するために

もしPBDE暴露について懸念があるなら、以下のことを薦める。

・ いくつかの業者はPBDEフリー製品を製造している。商品購入前に販売店に相談する。

・ PBDEは脂肪組織に蓄積されるため、脂肪の多い食品をあまり食べない。カナダの健康的な食事ガイドに従う。

・ PBDEはハウスダストに蓄積するため、家をこまめに掃除する。

2006/09/30 土

GMOシンポジウム「GMOは食料危機を救えるか」

 GMO(遺伝子組み換え作物)は生命の進化の歴史の挑戦であり、さまざまな利点を秘めています。また一方で安全性が確実に立証されないまま世界に広がろうとしている脅威でもあります。

 今、世界中には8億4千万人以上の人々が日々飢えに苦しみ、5億人以上が栄養失調に陥っています。GMOは新しい時代の申し子として食料飢餓を救えるのか?

 このシンポジウムはGMOに対して推進派・慎重派双方の見方から皆さんとともに考えていくことを目的としています。

 是非みなさまの参加を実行委員一同お待ちしています!!

日時:2006年10月12日(木)

時間:16:20〜19:00

場所:近畿大学農学部キャンパス 新校舎211教室

地図:http://nara-kindai.unv.jp/inde-x06.html

*事前予約不要 直接会場へお越しください。

プログラム

16:20 開始 挨拶  プロローグ「GMOとは?アフリカの現状」

16:50 GMOの現在と未来(近畿大学農学部バイオサイエンス学科 重岡成教授)

17;20 GMOはアフリカを救うか?(近畿大学農学部環境管理学科 池上甲一教授)

18:00 農家にとって本当に大切なもの-アフリカの現場から-(アフリカと日本の開発のための対話プロジェクトDADA 尾関葉子氏)

18:30 パネルディスカッション

19:00 懇親会(場所:農学部キャンパス内)

※フェアトレードのお菓子やドリンクなどを用意しています

主催:近畿大学フェアトレード団体ASANTE

  http://www.geocities.jp/asante_kindai/index.html

問い合わせ:asante-kindai@mail.goo.ne.jp

2006/09/30 土

きれいな水といのちを守る合成洗剤追放第29回全国集会

日時:2006/10/08(日)~10/09(月・祝) 13:00~17:00

場所:エルおおさか(大阪府立労働センター)/大阪市中央区北浜東3-14/TEL06-6942-0001

交通:京阪電鉄・地下鉄谷町線『天満橋』駅より徒歩5分、京阪電鉄・地下鉄堺筋線『北浜』駅より徒歩8分、JR東西線『大阪天満宮』駅より徒歩13分

主催・問い合わせ:きれいな水といのちを守る合成洗剤追放第29回全国集会現地実行委員会

「合成洗剤追放大阪連絡会(大阪市水道労働組合内)」/TEL06-6360-1717

内容:

「水の都 大阪でいのちの水を考えよう~琵琶湖~淀川~大阪湾の水循環~」

10月8日(日) 14時よりエルシアターにて

講演「世界の水問題と私たちの水環境」神田浩史さん(世界水フォーラム市民ネットワーク、ODA改革ネットワーク・AMネット)

10月9(月・祝) 9時開会より エルおおさか各会議室にて

第1分科会 『入門編~石けんをじょうずに使いこなす』

第2分科会 『運動の歴史から、そしてこれから』

第3分科会 『合成洗剤と環境(教育)問題』

第4分科会 『水環境~琵琶湖・淀川・大阪湾の環境~』

第5分科会(フィールドワーク)『水の都大阪体験』

2006/09/30 土

鳥インフルエンザ:茨城の感染原因、特定できず 農水省-科学:MSN毎日インタラクティブ

鳥インフルエンザ:茨城の感染原因、特定できず 農水省-科学:MSN毎日インタラクティブ

2006/09/30 土

大腸ポリープ:肉から魚にすると2~3割減に-名古屋市立大教授ら研究-健康:MSN毎日インタラクティブ

大腸ポリープ:肉から魚にすると2~3割減に-名古屋市立大教授ら研究-健康:MSN毎日インタラクティブ

 肉をなるべく魚に替え植物油の摂取量を減らし、旧来の和食を食べるよう指導を受けた人は、そうでない人に比べ、大腸ポリープの発生率が2~3割程度減ることが、名古屋市立大の徳留信寛(とくどめ・しんかん)教授(公衆衛生学)らの研究で分かった。食事改善の効果が出るには2年程度かかり、徳留教授は「継続した取り組みが大切」と訴えている。

2006/09/30 土

ソウルに通いながら、こう考えた。: 【W-ZERO3es】翻訳ウォーカーj・seoulV2 1

ソウルに通いながら、こう考えた。: 【W-ZERO3es】翻訳ウォーカーj・seoulV2 1

2006/09/29 金

悪質リフォーム「命の担保」 : ニュース : ホームガイド : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

悪質リフォーム「命の担保」 : ニュース : ホームガイド : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 悪質なリフォーム会社と高額な契約をしたお年寄りが、大手信販会社「オリエントコーポレーション(オリコ)」(東京都千代田区)を受取人とする生命保険契約を結ばされていたことが28日、わかった。
1/17 >>