Archives: 2006/12 << 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>

2006/12/21 木

食品安全情報blog・FAOは有害性の高い農薬の早期撤退を薦める

食品安全情報blog

2006/12/21 木

食品安全情報blog・FAOは有害性の高い農薬の早期撤退を薦める

食品安全情報blog

2006/12/21 木

食品安全情報blog・湾岸戦争症候群の鬱の原因が有機リン中毒であるという説に疑問

食品安全情報blog

日常的農薬暴露はない60-79才の女性の鬱のレベルと血液による遺伝子解析を行ったところPON1 Q192RのRR変異を持つ人は鬱の報告率が高かった。これはこの遺伝子の変異と鬱との関連は有機リンとは関係がなく、日常的に暴露されている普通の有害物質によることを示唆する。

2006/12/21 木

食品安全情報blog・湾岸戦争症候群の鬱の原因が有機リン中毒であるという説に疑問

食品安全情報blog

日常的農薬暴露はない60-79才の女性の鬱のレベルと血液による遺伝子解析を行ったところPON1 Q192RのRR変異を持つ人は鬱の報告率が高かった。これはこの遺伝子の変異と鬱との関連は有機リンとは関係がなく、日常的に暴露されている普通の有害物質によることを示唆する。

2006/12/21 木

2007年度食料環境セミナー(1-3月)

◆2007年1月24日(水)

長編ドキュメンタリー「フランドン農学校の尾崎さん」(72分)映画会

1)10:30 2)13:30 3)18:20

尾崎零さんの講演会を同日19:15より開きます。

参加費:1000円(講演会とも)



◆2月27日(火)午前10時30分~12時

「世界の有機農業事情」 

市島町有機農業研究会 橋本真司さん

※2月は講師の都合で開催日時変則です(2/28→2/27)



◆3月28日(水)午前10時30分~12時

「韓国の有機農業事情」

講師:朴淳用さん(神戸大学留学生)

--------------------------------------------------------------

会場:神戸学生青年センター

参加費:600円※当日会場でお支払いください。

主催:神戸学生青年センター

〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1

TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

ホームページ http://www.ksyc.jp e-mail info@ksyc.jp

※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。



tags:

2006/12/21 木

2007年度食料環境セミナー(1-3月)

◆2007年1月24日(水)

長編ドキュメンタリー「フランドン農学校の尾崎さん」(72分)映画会

1)10:30 2)13:30 3)18:20

尾崎零さんの講演会を同日19:15より開きます。

参加費:1000円(講演会とも)



◆2月27日(火)午前10時30分~12時

「世界の有機農業事情」 

市島町有機農業研究会 橋本真司さん

※2月は講師の都合で開催日時変則です(2/28→2/27)



◆3月28日(水)午前10時30分~12時

「韓国の有機農業事情」

講師:朴淳用さん(神戸大学留学生)

--------------------------------------------------------------

会場:神戸学生青年センター

参加費:600円※当日会場でお支払いください。

主催:神戸学生青年センター

〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1

TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

ホームページ http://www.ksyc.jp e-mail info@ksyc.jp

※託児が必要な方は、前々日までにお申込みください。



tags:

2006/12/21 木

カンナバロが2冠、FIFA年間MVP - サッカーニュース / nikkansports.com

カンナバロが2冠、FIFA年間MVP - サッカーニュース : nikkansports.com

上背のない、カンナバロがMVPですか。MF・FWなど攻撃の選手がMVPもらうのが常でしたが、BKの選手から初めて選出。守備の大切さは、この前のバルセロナの試合でも痛感させられましたが。日本でも、闘莉王がMVPもらったので、守備の時代なのかもしれません。浦和は代々攻撃的なチームというイメージが強かったですが、守備の堅いチーム+ワシントンという絶対的なエースを擁するチームカラーに変貌。ワシントン以外の攻め手を持つチームに期待。ガンバは来期は宮本が海外移籍。サントスも合わせてのレンタル移籍の模様。ガンバ、浦和とも、抜けた穴は若い選手が埋めてくれそう。

2006/12/21 木

カンナバロが2冠、FIFA年間MVP - サッカーニュース / nikkansports.com

カンナバロが2冠、FIFA年間MVP - サッカーニュース : nikkansports.com

上背のない、カンナバロがMVPですか。MF・FWなど攻撃の選手がMVPもらうのが常でしたが、BKの選手から初めて選出。守備の大切さは、この前のバルセロナの試合でも痛感させられましたが。日本でも、闘莉王がMVPもらったので、守備の時代なのかもしれません。浦和は代々攻撃的なチームというイメージが強かったですが、守備の堅いチーム+ワシントンという絶対的なエースを擁するチームカラーに変貌。ワシントン以外の攻め手を持つチームに期待。ガンバは来期は宮本が海外移籍。サントスも合わせてのレンタル移籍の模様。ガンバ、浦和とも、抜けた穴は若い選手が埋めてくれそう。

2006/12/21 木

笹山登生の掲示板・[5405] 西表のリゾート開発訴訟、動植物原告と認めず

笹山登生の掲示板

竹富町西表島の浦内川河口付近のリゾート開発をめぐり、地元住民や西表島に生息する動植物を構成メンバーとした自然環境保護団体「とぅどぅまり浜」が事業主のユニマット不動産を相手に、リゾートホテルの建物撤去と営業差し止めを求めた訴訟で、那覇地裁は20日、訴えを却下した。田中健治裁判長は判決理由で「原告となれる『法人でない社団』とは認められず、訴えは不適法」などと述べた。同開発をめぐる訴訟で今回は5次提訴。弁論は1度も開かれておらず、原告側は控訴の方針。

-------------------------------------------------------

世界各国の環境権に対する考え方を見ても、環境権の権利主体は、自然人であるとの見解が有力である。しかし、、ドイツのように、憲法に環境権を織り込む際、保護する対象を、「人間の自然的な生活基盤」におくか、「自然的な生活基盤」におくか、政党間で、論争となったが、結果、前者の「人間の」の部分が削除され、可決となったのであるが、その意味するところは、「環境権は生命体中心主義の立場をとる」ということを明言したという解釈をしたものとされる。



環境権の権利主体を、自然人においた場合、環境権の対象となる環境被害の対象地域の広範化、加害原因の複合化、被害住民の被害の多数化と多様化によって、個人のみを原告適格とすることには、問題を生じてきているし、また、日本のように、クラスアクション(集団訴訟)が認められてない国では、個人個人ごとの利益の比較秤量の総量の確定が、できにくい。



そこで、環境権の対象に、公共信託の考え方が導入される必要があるというわけだ。

この公共信託の考え方とは、国が、次世代をも含む国民にかわって天然資源を受託し管理するという考え方だ。
関連サイト:

西表の自然を愛する会

アマミノクロウサギ訴訟」(籠橋隆明さん)

2006/12/21 木

笹山登生の掲示板・[5405] 西表のリゾート開発訴訟、動植物原告と認めず

笹山登生の掲示板

竹富町西表島の浦内川河口付近のリゾート開発をめぐり、地元住民や西表島に生息する動植物を構成メンバーとした自然環境保護団体「とぅどぅまり浜」が事業主のユニマット不動産を相手に、リゾートホテルの建物撤去と営業差し止めを求めた訴訟で、那覇地裁は20日、訴えを却下した。田中健治裁判長は判決理由で「原告となれる『法人でない社団』とは認められず、訴えは不適法」などと述べた。同開発をめぐる訴訟で今回は5次提訴。弁論は1度も開かれておらず、原告側は控訴の方針。

-------------------------------------------------------

世界各国の環境権に対する考え方を見ても、環境権の権利主体は、自然人であるとの見解が有力である。しかし、、ドイツのように、憲法に環境権を織り込む際、保護する対象を、「人間の自然的な生活基盤」におくか、「自然的な生活基盤」におくか、政党間で、論争となったが、結果、前者の「人間の」の部分が削除され、可決となったのであるが、その意味するところは、「環境権は生命体中心主義の立場をとる」ということを明言したという解釈をしたものとされる。



環境権の権利主体を、自然人においた場合、環境権の対象となる環境被害の対象地域の広範化、加害原因の複合化、被害住民の被害の多数化と多様化によって、個人のみを原告適格とすることには、問題を生じてきているし、また、日本のように、クラスアクション(集団訴訟)が認められてない国では、個人個人ごとの利益の比較秤量の総量の確定が、できにくい。



そこで、環境権の対象に、公共信託の考え方が導入される必要があるというわけだ。

この公共信託の考え方とは、国が、次世代をも含む国民にかわって天然資源を受託し管理するという考え方だ。
関連サイト:

西表の自然を愛する会

アマミノクロウサギ訴訟」(籠橋隆明さん)
<< 12/42 >>